2022-06

船舶

知ると怖い進水式の伝統 ヴァイキング時代に生贄を捧げた名残

海という大いなる自然の中で活躍する船。色んな場面で”験(げん)を担ぐ”風習が世界的に伝統として残っています。過去をさかのぼりその伝統の由来をみると、現代のそれとは少し違ったものだったようです。
起重機船、クレーン船

2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」起工式

2022年6月6日、中国の招商局重工(CMHI)海門基地、1号ドックで2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」の起工式が行われた。2021年11月に”steel cutting”、今回は”Keel Laying”が行われた。
国内ニュース

商業捕鯨船「第3勇新丸」が広島を出航 三陸沖合で5カ月操業予定

日本は2019年6月30日にIWC(国際捕鯨委員会)を脱退しています。そして2019年7月1日から大型鯨類を対象とした捕鯨業を再開。捕鯨に関しては世界で賛否が分かれていますが、科学的な調査をもとに一部の絶滅危惧種を除いて捕鯨を行う日本政府の立場に賛成。
浮体式

ノルウェーで建設中 世界最大の浮体式洋上風力「Hywind Tampen」

2022年9月完成予定の浮体式洋上風力「Hywind Tampen」。完成すれば世界最大の浮体式洋上風力になるビッグプロジェクトが最終段階を迎え、現地海域への風車設置が始まる。
国内ニュース

千葉でプレジャーボートが全焼し沈没 2人救助

プレジャーボートの火災・沈没事故。船には男性2人が乗船していたようですが無事みたい。知床半島で起きた事故以降、船の事故と聞くと少し過敏に反応してしまう。無事なのが何よりです。
起重機船、クレーン船

クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022 日本は何位?

起重機船、クレーン船の吊り上げ能力ランキング。日本のクレーン船は何位かな?純粋な世界ランキング、ジブ固定式、SEP起重機船という3つのカテゴリーでランキング
起重機船、クレーン船

クレーン船(起重機船)の仕組み、ヒミツを徹底解明

重たいものを軽々と吊り上げるクレーン船(起重機船)。その構造的なメカニズムも興味深いですが、他にもあまり知られていない多くの秘密が。そのヒミツを徹底解明。
起重機船、クレーン船

Jan De Nulがハイエンドクレーンシミュレータを注文

Jan De Nulは建造中のVoltaireとLes Alizés用のハイエンドシミュレータをOSC ASに発注。
観光、レジャー

「ジャンボ・キングダム(珍寶王国)」が香港から姿を消す

長い歴史がある香港の水上レストラン「ジャンボ・キングダム(珍寶王国)」が2022年6月に香港から姿を消すそうです。別名、ジャンボフローティングレストラン(Jumbo Float Restaurant、珍宝海鮮舫)
国内ニュース

風力発電所で救助訓練 地上60メートル「風車塔内に急患」

陸上の風車でも大変な緊急搬送。海の上の風車で同じことが出来るとは思えませんね。想像すると少し怖いような鹿児島県での救助訓練の記事。
タイトルとURLをコピーしました