2022-07

事件・事故

台湾で建設中の洋上風力発電所で事故発生、工事中断

台湾で建設中のYunlin Offshore Wind Farm(雲林洋上風力発電所)で事故が発生し、工事が中断しているようです。
起重機船-世界

世界最大のSEP起重機船「Voltaire」7月末にも試験航海

Jan De Nulが中国で建造中の3,000トン吊りSEP起重機船「Voltaire」の建造は順調に進んでいるようです。7月末には試験航海が予定されている。完成すればSEP起重機船としては世界最大。
起重機船、クレーン船

オランダのTetrahedronが洋上風力用クレーンの建設を発表

Tetrahedronは、Jack-Up Barge BV、TNO、Shell、GEで構成されるコンソーシアムと共に洋上風力建設用の揚程に特化したクレーンのプロトタイプ(試作機)建設を発表。
スポンサーリンク
着床式

フランスのSaint-BrieucでSaipem7000が変電設備を設置

フランスで建設中のSaint-Brieuc洋上風力発電所で洋上変電所の設置が無事に終わったようです。設置を行ったのは14,000トン吊り半潜水式起重機船「Saipem7000」。
石油プラットフォーム

北海のBrae油田で「Sleipnir」が11,000トンのジャケット撤去

世界最大のクレーン船「Sleipnir」による北海のBrae油田での石油プラットフォームのジャケット撤去。重量は11,000トン。
観光、レジャー

モルディブで建設予定の5,000棟、2万人が暮らせる水上都市

特徴的な見た目の水上都市。最初はよくある設計デザインの1つかと思いましたが、モルディブ政府からの開発許可も承認され、2023年1月から本格的に建設が始まるようです。
洋上風力発電

アメリカで開発が進む新発想のモノパイル設置船

中国を除いて、世界的に洋上風車大型化に伴う設置船不足に陥る問題。アメリカでは、設置船不足というボトルネックに加えてジョーンズ法という障害。新たなモノパイル設置船は、ボトルネックを解決するものになるのでしょうか?
石油プラットフォーム

「Sleipnir」がDunlin油田のトップサイドを撤去

世界最大のクレーン船「Sleipnir」がスコットランドにあるDunlin Alphaプラットフォームのトップサイドを撤去。トップサイド撤去の様子と記事後半ではDunlin Alphaプラットフォーム建造時(45年前)の様子もあります。
着床式

秋田洋上風力発電所で風車本体の設置工事始まる

2022年7月2日、日本国内初となる商業ベースでの大型洋上風力発電事業である秋田洋上風力発電所でSEP起重機船による風車本体の設置工事が始まった。
洋上風力発電

世界最大の洋上変電所は想像以上の大きさ、15階建てビル相当

少し古い情報ですが、中国の江蘇省沖合に設置された世界最大の洋上変電所。その想像を絶する大きさはナント15階建てのビルに相当する大きさ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました