SEP起重機船

起重機船-世界

SEP船「Aeolus」のクレーン大規模アップグレードを発表

オランダのVan OordはSEP起重機船「Aeolus」のクレーン大規模アップグレードを発表。吊り上げ能力は1,600トンのままでブーム長さが133mに延長される。2023年初頭には完了する見込みで最大15MWの洋上風車設置が可能に。
起重機船、クレーン船

2,000トン吊りSEP起重機船「白鹤滩」完成

2022年9月28日、中国で建造中の2,000トン吊りSEP起重機船「白鹤滩」の引き渡しが行われ正式に納入されたようです。先日のアナウンス通り、国慶節前に引き渡し完了。最大15MWの洋上風車設置に対応。
着床式

国内初の商用ベース秋田洋上風力で全33基の洋上風車設置完了

2022年9月24日、日本国内初となる商業ベースでの大型洋上風力発電事業、秋田洋上風力発電で全33基の風車設置工事が完了。今後は、試運転・法定検査を進め、2022年末までの商業運転開始を目指す。
スポンサーリンク
起重機船-世界

2,000トン吊りSEP起重機船「白鹤滩」のSEA TRIAL完了

中国で建造中の2,000トン吊りSEP起重機船「白鹤滩」のSEA TRIAL(海上公試)が完了したようです。当初の完成予定は2022年末でしたが、国慶節と呼ばれる中国の祝日前に引き渡しを前倒しするため、大詰めの建造作業を急いでいるようです。
起重機船-世界

中国で800トン吊りSEP起重機船「精铟01」レグ延長完了

2022年9月21日、800トン吊りSEP起重機船「精铟01」(JING YIN 01)のレグ延長が完了。建造時は80mだったレグ長さは、今回の工事で93.5mとなり、8MW級の洋上風車建設が可能になった。
事件・事故

完成間近のSEP起重機船「Voltaire」に台風12号が直撃

中国で建造されている完成間近の3,000トン吊りクレーンを搭載したSEP起重機船「Voltaire」に台風12号が直撃。クレーンとヘリデッキに損傷を受けたそうです。
着床式

石狩湾新港洋上風力発電施設の海上工事に着手

北海道石狩湾新港に建設予定の石狩湾新港洋上風力発電施設の海上工事が始まったようです。発電容量は112MW。秋田洋上風力の140MWに比べると規模は大きくないですが、設置する洋上風車1基あたりの規模は8MWなので秋田洋上風力に比べ倍近い大きさ
起重機船、クレーン船

中国で1,000トン吊りSEP船が進水 2022年10月完成予定

中国の広東精铟海洋工程股份有限公司が建造する1,000トン吊りのSEP起重機船が進水。完成予定は2022年10月。
起重機船-日本

1,600トン吊りSEP起重機船「CP-16001」完成間近

2022年9月の完成・引き渡しを目指し、完成すれば国内2隻目となる1,600トン吊りSEP起重機船「CP-16001」の完成が近づいてきた。保有・運営を行うのは、3社による共同出資会社「PKYマリン株式会社」。
起重機船-世界

Goldwindが1,600トン吊りSEP起重機船の建造を開始

Goldwindは、新疆ウイグル自治区に本社を置く中国の風力タービンメーカー。風車を製造する企業がSEP起重機船を建造。なかなか大変そうですけど、すごい決断。建造費用は約300億円。
起重機船、クレーン船

1,200トン吊りSEP起重機船「De Jian(徳建)」クレーンブームを延長

2022年6月8日、Yantai Salvage(烟台打捞局)のSEP起重機船「De Jian(徳建)」が行っていたクレーンブームを延長する改造が完了。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました