新技術・工法

着床式

革新的なC1 Wedge Connectionの洋上テストに成功

Heerema Marine ContractorsとC1 Connectionsは、洋上風力タービンに使用できる「C1 Wedge Connection」と呼ばれる接続技術の洋上テストに成功。
浮体式

X1 Windが浮体式洋上風力タービンのプロトタイプを設置

X1 Windがカナリア諸島のグラン・カナリア島沖に浮体式洋上風力タービンのプロトタイプ「X30」を設置。
船舶

硬翼帆搭載の石炭輸送船「松風丸」がオーストラリアに初入港

世界初のウインドチャレンジャー(硬翼帆式風力推進装置)を搭載した石炭輸送船「松風丸」(しょうふうまる)がオーストラリアのニューキャッスルに初入港した。初入港に伴い、10月24日に現地で式典が行われた。
スポンサーリンク
浮体式

Windcatcherという巨大な洋上風車に3億円の技術開発助成金

Windcatcherという複数の風車を組み合わせた巨大な浮体式洋上風車の支援として、ノルウェー政府系企業のEnovaから2,224万ノルウェークローネ(約3億円)の技術開発助成金が授与。2023年にパイロット版がノルウェー沖に設置予定。
新技術・工法

Liftekのウォーターバッグを使用した2,420トンの荷重試験

Liftek Waterbagsという水を袋に入れてテストウェイトにする製品を使用した荷重試験。クレーンのフックから無数にぶら下がる水の入った袋の重量は2,420トン。
船舶

世界初となる硬翼帆搭載の石炭輸送船「松風丸」完成

世界初となるウインドチャレンジャーと呼ばれる硬翼帆式風力推進装置を搭載した石炭輸送船が完成。風力を船の推進力として活用する「ウインドチャレンジャープロジェクト」は、2018年1月から産学共同研究を引き継ぐ形で商船三井と大島造船所が共同で開発
浮体式

SeaTwirlと東京大学が垂直軸風車を日本に適応させる研究を開始

浮体式垂直軸型風車の開発を行うスウェーデンのSeaTwirlと東京大学の平林紳一郎准教授らの研究グループは、SeaTwirlsの技術を日本の海域に適応させる研究を協力して開始。
洋上風力発電

洋上風力タービンのブレード設置効率を向上させる目的のSEP船を発表

2022年9月27日にNOV、GustoMSCから発表された洋上風力タービンのブレード設置に特化したSEP船「Sjøhest」。大型SEP起重機船でタワーとナセル設置、そしてブレードのみSEP船「Sjøhest」で設置する。
洋上風力発電

2026年に稼働予定 ジョーンズ法に準拠した洋上風力設置船

アメリカのジョーンズ法に準拠したSEP式の洋上風力設置船の建造構想が発表されました。これまでにもいくつかのジョーンズ法に準拠した設置船がある中で、驚くような斬新さは無いようです。
洋上風力発電

5,000トンのモノパイルを設置するSEP船「Vitruvian」

スペインに拠点を置くWinDecomは、最大重量5,000トンの次世代XXXLモノパイルを設置するための新しいSEP船の設計を発表。
船舶

世界初の水陸両用乗組員輸送船が完成間近 ある問題解消のためだった

イギリスで建造中されている世界初の水陸両用乗組員輸送船が完成間近。完成・引き渡し予定は2022年9月なので今月中。この船の建造目的は、ある困った問題を解消するためだった。
洋上風力発電

アンモニア生産船を洋上風力発電所と組み合わせて使用する研究

ノルウェーのH2CarrierとStatkraftは、グリーンアンモニア生産船P2XFloaterを特定の洋上風力発電を行う海域で使用するための研究に関する覚書を締結。再生可能電力を利用してグリーン水素・アンモニアを生産・貯蔵するシステム
浮体式

浮体式洋上風車の浮体上でグリーンアンモニアを製造する実証機開発へ

国内企業の會澤⾼圧コンクリート株式会社(本社 北海道苫小牧市)は、グリーンアンモニア製造艦「GAPS」の実証機開発に着手することを発表。10MW級の浮体式洋上風車に、コンテナ型のアンモニア製造モジュールを搭載し、洋上でアンモニアを製造する
石油プラットフォーム

FPSOを係留する重量120トンの杭設置方法は驚きの自由落下

ブラジルの沖合に位置するMeroフィールドと呼ばれる海底油田の開発プロジェクトに用いられるFPSO。その「FPSO Guanabara MV31」を係留する杭が驚きの方法で設置されてました。
浮体式

DemoSATHプロジェクトの2MW浮体式洋上風力試験機が進水

スペインで行われているDemoSATHプロジェクト。Saitec Offshore TechnologiesとRWEによる2MW浮体式洋上風力の試験機(プロトタイプ)が進水したようです。
浮体式

SEPLAという先駆的な設計の係留アンカー設置方法

発想というかアイデアが斬新な係留アンカーの設置方法。「SEPLA」とは、イギリスに本社を置くActeon Groupが特許を取得しているサクションパイルとプレートアンカーを組み合わせたアンカー設置方法。
洋上風力発電

ジョーンズ法対策で使用される予定の洋上風車設置船

アメリカのジョーンズ法対策としてSEP起重機船で風車資材の港内荷役を行わない方法で洋上風車の設置を行うという手法。
起重機船、クレーン船

オランダのTetrahedronが洋上風力用クレーンの建設を発表

Tetrahedronは、Jack-Up Barge BV、TNO、Shell、GEで構成されるコンソーシアムと共に洋上風力建設用の揚程に特化したクレーンのプロトタイプ(試作機)建設を発表。
洋上風力発電

アメリカで開発が進む新発想のモノパイル設置船

中国を除いて、世界的に洋上風車大型化に伴う設置船不足に陥る問題。アメリカでは、設置船不足というボトルネックに加えてジョーンズ法という障害。新たなモノパイル設置船は、ボトルネックを解決するものになるのでしょうか?
浮体式

スペインでDemoSATHプロジェクトの2MW浮体式洋上風力試験機 組立完了

DemoSATHは、Saitec Offshore TechnologiesとRWE Renewablesがスペインで行っている実証事業。その試験機(プロトタイプ)の陸上での組立が完了。
洋上風力発電

DEMEがBarge Masterと提携したフィーダーバージの解決策

2022年5月4日、ベルギーのDEMEグループであるDEMEオフショアUSは、アメリカの洋上風力市場向けにジョーンズ法に準拠したフィーダーバージソリューションのモーション補償技術を開発するために、オランダのBarge Masterと長期的なパートナーシップを発表。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました