着床式

着床式

石狩湾新港洋上風力でジャケット基礎杭56本打設完了

北海道の石狩湾新港の沖合で建設中の洋上風力発電所で風車タービンを搭載するジャケット基礎杭56本の打設が完了したそうです。
着床式

米国初の大規模洋上風力で使用するトランジションピースが完成

アメリカ初の商業ベースでの大規模洋上風力発電所となる「Vineyard Wind 1」で使用する62基のトランジションピースの内、最初の1基目がスペインで製造された。
国内ニュース

富山県の入善沖で使用する中国の洋上風車 適合性評価を完了

富山県の入善沖で計画が進められている洋上風力発電で建設される予定の3MW風車。中国のタービンメーカー明陽智能が製造するMySE3.0-121の適合性評価が完了。洋上風車の設置は清水建設が建造したSEP起重機船「Blue Wind」で行う予定
スポンサーリンク
着床式

ドイツのArcadis Ost 1で革新的な方法による風車の設置

ドイツのバルト海で建設中の「Arcadis Ost 1」でHeeremaが所有する「Thialf」が革新的な風車タービン設置方法のRotor Nacelle Assembly (RNA)によって風車タービンの設置に成功。
着床式

ドイツで建設中のリサイクル可能なブレードを使用した洋上風力発電所

ドイツの北海で建設中のKaskasi offshore wind farm(カスカジ洋上風力発電所)で38基の風車タービン設置作業が完了。その内、いくつかの風車でリサイクル可能なブレードを使用しているそうです。
着床式

台湾のHai Long洋上風力でGreen Jadeを使用予定

Hai Long Offshore Windは、CDWEと洋上風車の基礎と風車タービン及び洋上変電所の輸送と設置について契約を行ったことを発表。設置作業には台湾で建造中の4,000トン吊りクレーン船「Green Jade」が使用される予定。
着床式

ベトナムで台湾の洋上風力発電所向け洋上変電所を製造開始

ベトナムのPTSC M&Cで台湾のHai Long Offshore Wind Projectで使用される洋上変電所の鉄鋼切断式が行われ、建設が開始されました。台湾での設置作業は2024年から2025年に実施される予定。
着床式

革新的なC1 Wedge Connectionの洋上テストに成功

Heerema Marine ContractorsとC1 Connectionsは、洋上風力タービンに使用できる「C1 Wedge Connection」と呼ばれる接続技術の洋上テストに成功。
着床式

NnGでBalderによる洋上風車基礎ジャケットの設置開始

スコットランドで建設中のNeart na Gaoithe offshore wind farm(NnG)で洋上風車基礎ジャケットの設置が開始された。設置を行うのはHeerema社が所有する6,300トン吊りクレーン船「Balder」。
着床式

Fécamp洋上風力発電所の重力式基礎を製作場所から積出する方法

フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」。世界最大のクレーン船「Sleipnir」によって風車基礎となる71基の重力式基礎設置が完了しましたが、その重量は1基あたり5,000トンという大きなもの。
着床式

オランダのHollandse Kust Noordで洋上建設作業開始

オランダの「Hollandse Kust Noord Wind Farm」で洋上風力発電所の建設作業が開始されたようです。行われたのはSiemens Gamesaの11MW風車タービン基礎となるモノパイル設置。
着床式

Hollandse Kust Noord 最初のTPレスモノパイル完成

オランダで建設中の「Hollandse Kust Noord」で使用するモノパイルのうち最初の2本が完成。製造したのはオランダのSif Group。風力基礎などの鋼製品製造を手掛け、身近なところでは秋田洋上風力のMPとTP製造を行っている。
着床式

DEME「Orion」がオランダで3,500トンの洋上変電所設置

オランダで建設中の「Hollandse Kust Noord offshore wind farm」で洋上変電所の設置が行われた。設置を行ったのはベルギーのDEMEが所有する5,000トン吊りクレーン船「Orion」。
着床式

Fécamp洋上風力発電所 71基の重力式基礎を設置完了

フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」で5,000トン/基の重力式風車基礎71基の設置が完了。今後は風車基礎へ砂利を投入、アレイケーブル設置、2023年上半期から風車設置の予定。完成予定は2023年末。
着床式

「Thialf」がグレートベルト・リンクを通過してバルト海へ

Aフレーム改造を行った「Thialf」がグレートベルト・リンクを通過してバルト海に入った。目的は「BALTIC EAGLE」の洋上変電所設置と「Arcadis Ost I」の風車タービン設置。
着床式

国内初の商用ベース秋田洋上風力で全33基の洋上風車設置完了

2022年9月24日、日本国内初となる商業ベースでの大型洋上風力発電事業、秋田洋上風力発電で全33基の風車設置工事が完了。今後は、試運転・法定検査を進め、2022年末までの商業運転開始を目指す。
着床式

フランス初の商用洋上風力発電所に80基の6MW風車設置完了

フランスのビスケー湾で建設中のサン・ナゼール(Saint-Nazaire)洋上風力発電所で80基全ての6MW風車設置が完了。完成すると商用規模の洋上風力発電所としてはフランス初となる。完成予定は2022年末。
着床式

石狩湾新港洋上風力発電施設の海上工事に着手

北海道石狩湾新港に建設予定の石狩湾新港洋上風力発電施設の海上工事が始まったようです。発電容量は112MW。秋田洋上風力の140MWに比べると規模は大きくないですが、設置する洋上風車1基あたりの規模は8MWなので秋田洋上風力に比べ倍近い大きさ
着床式

ベトナムで建設中のカマウ洋上風力発電所で5MWタービン設置開始

2021年末時点の洋上風力発電容量で日本を上回るベトナムで5MW風車の設置が開始。設置にはヨーロッパや中国で見られるSEP起重機船はいません。モノパイルを打設するわけではなく、群杭に支保工を組んで上部工を打設したドルフィンの上に風車を組み立てるという方法。
着床式

ドイツで2023年4月から打設予定の1,421トンのモノパイル

ドイツのロストックにあるEEW SPCで製作されている1,421トンのモノパイル。「BALTIC EAGLE OFFSHORE WIND FARM」の洋上風車基礎として使用される予定。打設するのはVan Oordの「Svanen」。
着床式

フランスのFécamp洋上風力発電所で「Orion」による洋上変電設備設置

先日、世界最大のクレーン船「Sleipnir」による重力式の風車基礎設置が始まったところですが、並行して洋上変電設備の設置も行われているようです。作業を行うクレーン船は5,000トン吊り「Orion」。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました