着床式

石狩湾新港洋上風力でジャケット基礎杭56本打設完了

北海道の石狩湾新港の沖合で建設中の洋上風力発電所で風車タービンを搭載するジャケット基礎杭56本の打設が完了したそうです。
起重機船、クレーン船

五洋建設とDEMEがアップグレード予定のSEP船縮尺模型を公開

五洋建設とDEMEは、900トン吊りから1,600トン吊りへアップグレードが予定されているSEP船「Sea Challenger」の縮尺模型をお披露目。SEP船「Sea Challenger」は2025年春を目標に日本船籍化が発表されている
洋上風力発電

KWSがマルコポーロ・マリンと洋上支援船の事業開発に向け検討開始

KWSがシンガポールのマルコポーロ・マリンと洋上支援船の共同事業開発に向け検討を開始する覚書を締結。多数の洋上支援船を保有・運航しているマルコポーロ・マリンからノウハウを吸収、日本の形態に合わせて再構築し日本人船員の技術力を高めることが狙い
スポンサーリンク
浮体式

韓国で開発が進められている浮体式洋上風力の海底物理探査完了

韓国南東部に位置する蔚山の沖合約70kmに建設予定の浮体式洋上風力発電所「Firefly Offshore Wind Farm」で海底物理探査が完了。セミサブ式の浮体を採用し、出力は800MW。
洋上風力発電

中国で洋上風力向けに台船を改造したケーブル設置船が完成

中国の大連中遠海運重工で台船を改造したケーブル設置船が完成。改造前の台船は、今治造船グループの株式会社スチールハブが運航していた「STEEL HUB 3」のようです。
着床式

米国初の大規模洋上風力で使用するトランジションピースが完成

アメリカ初の商業ベースでの大規模洋上風力発電所となる「Vineyard Wind 1」で使用する62基のトランジションピースの内、最初の1基目がスペインで製造された。
事件・事故

噓みたいなホントの話 船の舵に乗って11日間耐えた密航者

アフリカ大陸の北西部にあるグラン・カナリア島のラス・パルマスに入港したケミカルタンカー船の舵部分に乗った3人の密航者が発見された。船はナイジェリアのラゴスから11日間の航海を行い入港しましたが、3人の密航者は生存していた。
浮体式

五島市沖洋上風力で1基目の浮体式洋上風車の設置

2022年10月初旬に開始した五島市沖洋上風力で組み立てが完了した1基目の浮体式洋上風車を曳航し崎山沖に設置する作業が行われたようです。年内にあと2基、来年に入って5基を設置する予定。2024年1月からの商業運転開始を目指している。
洋上風力発電

オランダで漂流した船が衝突したモノパイル撤去の入札を開始

オランダの北海沖合で建設中の洋上風力発電所「Hollandse Kust Zuid」で船の衝突により損傷した風車基礎撤去をおこなう入札が開始された。2023年前半に作業を開始する予定。
洋上風力発電

英国の特許裁判ではSiemensがGEに敗れる

SiemensがGEに対して英国で起こしていた特許訴訟について、訴えがあったSiemensの特許は無効という判断が下されたそうです。米国内でHaliade-Xの製造・販売禁止という裁定が下された後に出された英国での異なる判決。
船舶

中国初の洋上風力発電所向けSOV船2隻の建造開始

上海電気のSOV船の起工式(keel laying ceremony)が上海振華重工のヤードで行われた。洋上風力発電所向けのSOV船は中国初の建造。設計はUlstein。ULSTEIN X-BOWと呼ばれる船首の形状が特徴的。
船舶

2025年に引き渡し予定の水素を動力源とするCSOV

ベルギーのCMBが所有するWindcatがDamen Shipyardsに水素を動力源とするCSOVを発注。ベトナムにあるHa Long Shipyardで建造、2025年に引き渡し予定。
浮体式

浮体式洋上風力技術を開発するプロジェクトがパリで始動

NextFloat Projectと呼ばれる8カ国、13のパートナーで構成されるコンソーシアムが次世代浮体式風力技術の展開を目的としてパリで始動。2025年に6MWのプロトタイプ設置と20MW以上の商用規模へスケールアップを並行して進める
事件・事故

ドイツでクレーンを積んだ重量物運搬船がキール運河で橋に接触

ヨーロッパにあるバルト海と北海を結ぶキール運河で運搬船に積まれていたクレーンが橋に接触する事故が発生。橋の損傷具合については調査中で、健全性が確認されるまで車両や自転車及び歩行者の通行は制限されているそうです。
船舶

重量物運搬船FAIRPLAYERで940トンの浚渫船を積み込む

 Jumbo Maritimeのマストクレーンを2基搭載する重量物運搬船「FAIRPLAYER」が重量940トンの船を自船に積み込み。積まれた船はドラグサクション式の浚渫船。ナイジェリアの湖で使用される予定だそうです。 重量物運搬船...
事件・事故

国道まで数メートル 通行する車と接触寸前で座礁したガット船

山口県柳井市遠崎にある国道沿いの海岸にガット船が座礁するという事故が発生。座礁したのは全長70m、総トン数499トンのガット船「ぽせいどん」。事故による油の流出は無く、AIS情報によると座礁から約5時間後には離礁している。
観光、レジャー

世界最大級の浮体式構造物 亀の形をした水上都市が発表される

ユニークなデザインの浮体構造物、亀の形をした水上都市「Pangeos」は長さ550m、幅610m、最大喫水30mという大きさ。実際に建造される可能性はまだ低そうですが、巨大な船体を建造するための建造場所が検討され、候補地が挙げられている。
起重機船-世界

中国で建造されている4隻の800トン吊りSEP起重機船

中国の造船所で建造されれている800トン吊りのクレーンを搭載した4隻のSEP起重機船。4隻は同型船。1番船の「瓯洋005」は2022年中に完成する予定で現在、試運転を行っている。残りの3隻についても2023年6月までに完成する予定。
国内ニュース

富山県の入善沖で使用する中国の洋上風車 適合性評価を完了

富山県の入善沖で計画が進められている洋上風力発電で建設される予定の3MW風車。中国のタービンメーカー明陽智能が製造するMySE3.0-121の適合性評価が完了。洋上風車の設置は清水建設が建造したSEP起重機船「Blue Wind」で行う予定
着床式

ドイツのArcadis Ost 1で革新的な方法による風車の設置

ドイツのバルト海で建設中の「Arcadis Ost 1」でHeeremaが所有する「Thialf」が革新的な風車タービン設置方法のRotor Nacelle Assembly (RNA)によって風車タービンの設置に成功。
洋上風力発電

中国で単一容量世界最大 16MWの巨大洋上風車のナセルを公開

中国長江三峡集団と中国の風力タービンメーカーGoldwind(新疆金風科技)が共同で開発した16MWの巨大洋上風車のナセルを公開した。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました