ケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」

六連沖で錨泊していた韓国船籍のケミカルタンカー転覆
スポンサーリンク

ケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」転覆事故

事故の概要

2024年3月20日、山口県下関市の六連島から北北西約8kmの海上で韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」が転覆する事故が発生。

事故当時、船には韓国人2人、インドネシア人8人、中国人1人の計11人が乗船していた。巡視船やヘリコプターによる懸命な救助・捜索活動がおこなわれ、乗組員11人のうち9人が救助されましたが、命に別状なかったのは1人だけで8人が死亡。翌日朝に1人発見されましたが死亡が確認され、これまでに合わせて9人が死亡、1人が行方不明のままとなっている。

ケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」には、積荷としてアクリル酸980トンが積まれたまま。

事故発生からのタイムライン

ケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」転覆事故のタイムライン
  • 2024年
    3月20日
    転覆事故発生
  • 5月
    燃料抜き取り
  • 5月22日
    船体引き起こしに向けて起重機船「武蔵」が現場へ到着

    長州出島南へ5月18日に到着

  • 5月23日
    船体引き起こし作業開始

    起重機船「武蔵」による船体引き起こし

スポンサーリンク

【関連記事】

六連沖で錨泊していた韓国船籍のケミカルタンカー転覆
2024年3月20日、山口県下関市の六連島から北北西約8kmの海上で韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」が転覆する事故が発生。
口之島沖座礁船から流出の油回収目処立たず、韓国海洋警察から感謝状
2024年4月16日に鹿児島県口之島沖で韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」が座礁した事故で現場海域では燃料の重油流出が確認されているという。
下関沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー、6月には撤去の予定
2024年3月に山口県下関市の蓋井島南東沖で転覆し、そのままの状態になっている韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」。現在、船内に残っている燃料抜き取りの準備が進められており、数日後には抜き取り作業が開始されるという。
下関沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー、来週引き起こしの予定
2024年3月20日に山口県下関市の蓋井島南東沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー撤去に向けた作業が進められている。5月初旬に船内の燃料抜き取りが完了し、5月9日から船体曳航に向けて転覆した状態の船体を引き起こす準備が始まっているという。
下関沖で転覆した韓国船籍ケミカルタンカーの引き起こし作業開始
2024年5月23日、山口県下関市の蓋井島南東沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」の船体を引き起こす作業が始まりました。
タイトルとURLをコピーしました