下関沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー、来週引き起こしの予定

下関沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー、来週引き起こしの予定 事件・事故
スポンサーリンク

下関沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー、来週引き起こしの予定

2024年3月20日に山口県下関市の蓋井島南東沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」撤去に向けた作業が進められている。5月初旬に船内の燃料抜き取りが完了し、5月9日から船体曳航に向けて転覆した状態の船体を引き起こす準備が始まっているという。

事故当時、ケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」に乗船していた乗組員11人のうち生存者は1人だけで9人の死亡が確認され、残る1人は行方不明のままとなっており転覆した船内に閉じ込められている可能性がある。

燃料抜き取りが開始された5月初旬時点で、作業が順調に進めば6月上旬に船体撤去できる見通しという報道情報。船体曳航・撤去に先立ち、5月22日以降に船体を引き起こす作業をおこなうという。

転覆しているケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」の全長は68.82m。そして、積荷のアクリル酸980トンは積まれたままの状態。積荷と船体自重を合わせると2,000トン以上はありそうですが、重量は不明。転覆した船体を180度回転させて引き起こすだけなので完全に吊り上げる訳ではありませんが、作業中に万が一想定外の浸水が発生した場合、吊り上げているクレーン船ごと海中に引きずり込まれる恐れも考えられるため、相応の吊り上げ能力および船体浮力をもつ作業船が選定されると思われる。

引き起こし作業に向けて起重機船「武蔵」回航中

5月22日以降、船体を引き起こす作業を予定しているということなので吊り上げをおこなう起重機船はすでに回航していると思いMARTIS(マーチス)の曳航船情報を調べてみると、深田サルベージ建設の3,700トン吊り起重機船「武蔵」が現場へ向かっていることが確認できました。

現時点で通航する各MARTISで周知されている起重機船「武蔵」船団の入航予定時刻は以下の通り。あくまでも予定なので変更の可能性は大いにありますが、今のところ関門海峡を5月18日 07:55に通過する予定。

名称入航予定時刻
明石海峡 5月15日 22:35
備讃瀬戸5月16日 17:30
来島海峡 5月17日 07:15
関門海峡5月18日 07:55

転覆により流出し、海岸に漂着したドラム缶などを回収

2024年5月15日、転覆したケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」から海に流出し、下関市内の海岸に漂着したドラム缶などの回収作業がおこなわれたそうです。回収したドラム缶の中身については、回収前に安全性が確認されているという。

ケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」

Korean Registerに登録されているケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」のRegister of Ship
  • Owner(船主):KEOYOUNG SHIPPING CO., LTD.
  • Manager(運航会社):KEOYOUNG SHIPPING CO., LTD.
  • Shipbuilder(建造):SASAKI SHIPBUILDING CO., LTD.(佐々木造船株式会社)
船名KEOYOUNG SUN
総トン数870トン
載貨重量トン1,168トン
長さ68.82m
10.6m
船籍韓国
建造年1996年6月
スポンサーリンク

【関連】ケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」転覆事故

六連沖で錨泊していた韓国船籍のケミカルタンカー転覆
2024年3月20日、山口県下関市の六連島から北北西約8kmの海上で韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」が転覆する事故が発生。
口之島沖座礁船から流出の油回収目処立たず、韓国海洋警察から感謝状
2024年4月16日に鹿児島県口之島沖で韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」が座礁した事故で現場海域では燃料の重油流出が確認されているという。
下関沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー、6月には撤去の予定
2024年3月に山口県下関市の蓋井島南東沖で転覆し、そのままの状態になっている韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」。現在、船内に残っている燃料抜き取りの準備が進められており、数日後には抜き取り作業が開始されるという。
下関沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー、来週引き起こしの予定
2024年3月20日に山口県下関市の蓋井島南東沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー撤去に向けた作業が進められている。5月初旬に船内の燃料抜き取りが完了し、5月9日から船体曳航に向けて転覆した状態の船体を引き起こす準備が始まっているという。
下関沖で転覆した韓国船籍ケミカルタンカーの引き起こし作業開始
2024年5月23日、山口県下関市の蓋井島南東沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」の船体を引き起こす作業が始まりました。
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました