【SEP船ランキング 世界TOP8】清水建設の「BLUE WIND」は世界2位

1,600トン吊りSEP起重機船「Bold Tern」

 ノルウェーのFred. Olsen Windcarrierが所有する自航式の1,600トン吊りSEP起重機船「Bold Tern」

スポンサーリンク

1,600トン吊り「Bold Tern」

SEP起重機船「Bold Tern」
出典:Fred. Olsen Windcarrier

 2013年にアラブ首長国連邦のドバイにある Lamprell PLC で建造された「Bold Tern」は、最大1,600トン吊りのクレーンを搭載し、長さ92.4mのレグ4本を使用して最大水深60mで作業を行う事ができる。2022年にシンガポールのKeppel FELS yardで行われた大規模なアップグレードにより15MW風車の設置が可能になった。

船名Bold Tern
クレーン能力1,600トン
揚重高さ(甲板上から)157.5m(1,600トン)
166.5m(400トン)
長さ132m
45m
深さ9m
喫水4.25~5.8m
総トン数17,294トン
DPSDP2
建造年2013年
搭載可能重量9,000トン
デッキスペース3,600m2
レグ長さ92.4m
最大作業水深60m
プロペラ3,800kW(5,167PS)×3
(Voith Schneider)
トンネルスラスター1,750kW(2,379PS)×3
最大航行速度12ノット
宿泊設備80名
スポンサーリンク

クレーンのアップグレード

2022年にシンガポールで行われた「Bold Tern」アップグレード
出典:Fred. Olsen Windcarrier

 「Bold Tern」は、2022年にシンガポールのKeppel FELS yardで大規模なアップグレードを行っています。クレーンを載せ替えて吊り上げ能力は800トンから1,600トンへ増強され、ブーム長さも長くなりました。そして、船体幅も39mから45mへ広がり、6m拡幅。

スポンサーリンク

関連記事

SEP起重機船吊り上げ能力ランキング【世界TOP8】
世界で活躍するSEP起重機船に搭載されたクレーン能力ランキング。日本でも相次いで建造が行われ、世界トップクラスのSEP起重機船の中に日本企業もランクインしているので注目。
五洋建設とDEMEがアップグレード予定のSEP船縮尺模型を公開
五洋建設とDEMEは、900トン吊りから1,600トン吊りへアップグレードが予定されているSEP船「Sea Challenger」の縮尺模型をお披露目。SEP船「Sea Challenger」は2025年春を目標に日本船籍化が発表されている
「Bold Tern」1,600トン吊りのクレーンへアップグレード完了
2021年9月からシンガポールのKeppel FELSでクレーンのアップグレードを行っていた「Bold Tern」の作業が完了。クレーン能力は800トンから1,600トンに倍増。
「Bold Tern」アップグレードしたクレーンの荷重試験が完了
シンガポールのKeppel FELSでクレーンのアップグレードを行っている「Bold Tern」。新しいクレーンの搭載が完了して、荷重試験に臨み無事完了した。
「Bold Tern」クレーンを1,600トンへアップグレード
ノルウェーのFred. Olsen Windcarrierが所有するSEP起重機船「Bold Tern」のクレーンを800トン吊りから1,600トン吊りへアップグレード。
タイトルとURLをコピーしました