☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

「Bold Tern」アップグレードしたクレーンの荷重試験が完了

起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

「Bold Tern」荷重試験が完了

 シンガポールのKeppel FELSでクレーンのアップグレードを行っている「Bold Tern」。新しいクレーンの搭載が完了して、荷重試験に臨み無事完了した。

 地図で見るとKeppel FELSは、SEP起重機船「CP-16001」を建造しているPax Ocean Graha造船所の近くでした。直線距離で約30km。「CP-16001」どこまで建造が進んでるのか気になりますね。

Keppel FELS と Paxocean Graha の位置
クレーン能力が倍増

 クレーン吊り上げ能力は元の800トンから1,600トンへ倍増。クレーンメーカーはHuisman。

クレーン搭載時の記事

船体部分も増設

 画像を確認すると船体部分を増設しているのが分かります。

黄色矢印が船体増設した部分
船体を増設した理由?

 船体寸法を確認すると幅39m → 45mに増設されているようです。その差6mなので両サイドに各3m

 増設した理由はよく分かりません。SEP起重機船なのに安定性・復原性とか関係あるんですかね?単に甲板面積を広くしたいだけなのか・・・。

船体増設方法

 船体を増設するので「Bold Tern」をフローティングドックに載せる。そして増設するブロックを貼り付ける感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。