世界ランキング

この記事は約2分で読めます。

世界最大の起重機船

現在、世界最大の起重機船はオランダの「Heerema Marine Contractors」が所有するSleipnir。10,000t吊クレーンを2基搭載しておりタンデムリフトで最大20,000t吊上げる事が出来る。これまでの最大吊上げ記録は2019年に記録された15,300t。

半潜水型が主流

世界最大クラスになると半潜水型と呼ばれる船体を水面下に大きく沈めて作業するタイプが多い。船体を沈めることで波浪の影響を抑え、大きなクレーンを使用する反力を確保する目的がある。なので水深が確保されている場所でしか活躍する事はできない。「Sleipnir」で最大喫水が32m。

クレーン船といっても様々

世界最大のSleipnirは半潜水型でクレーンは旋回式。日本最大の起重機船はジブ固定式なので旋回はしない。洋上風車建設で期待されているSEP起重機船はレグと呼ばれる足を海底に刺して自立した状態で作業を行う。台船に陸上のクレーンを搭載したものもある。

吊上げ能力ランキング

Rnak船名能力画像
1Sleipnir20,000t吊
2Thialf14,200t吊
3Saipem 700014,000t吊

ジブ固定式

Rnak船名能力画像
1HYUNDAI1000010,000t吊
2SAMSUNG 5HO8,000t吊
3Asian Hercules III5,000t吊

SEP起重機船

Rnak船名能力画像
1龙源振华叁号
(LongYuanZhenhuaSanHao)
2,000t吊
2Aeolus1,600t吊
3SEAJACKS SCYLLA1,500t吊

半潜水式重量物運搬船

Rnak船名載荷重量画像
1BOKA VANGUARD116,175t
2ZHEN HUA 34105,302t
3XIN GUANG HUA98,000t

客船

Rnak船名載荷重量画像
1SYMPHONY OF THE SEAS230,000t
2HARMONY OF THE SEAS226,963t
3ALLURE OF THE SEAS225,282t
タイトルとURLをコピーしました