20,000トン吊りクレーン船「Sleipnir」

Sleipnir

 2019年に建造された「Sleipnir」。まごう事なき世界最大のクレーン船。LNG燃料を使用する地球環境にも優しい最先端のクレーン船という側面もある。

スポンサーリンク

20,000トン吊り「Sleipnir」

 「Sleipnir」は、オランダのHeerema Marine Contractorsが所有する世界最大の吊り上げ能力を持つクレーン船。10,000トン吊りのクレーン2基を搭載し、タンデムリフトにより最大20,000トンの吊り上げ能力を発揮する。

「Sleipnir」に乗る主神オーディン
出典:Wikipedia | Sleipnir

 2019年にシンガポールのSembcorp Marineで建造され、それまで長い間世界最大のクレーン船だった14,200トン吊りの「Thialf」を抜きました。

 「Sleipnir」という船名の由来は、北欧神話に登場する神獣の一つで主神オーディンが騎乗する8本脚の軍馬の名前

 SSCV(Semi-Submersible Crane Vessel)、半潜水式クレーン船は、バラストを注水することで船体を海中に一定の深さまで潜水させて安定性と操作性を高め、優れた吊り上げ能力を発揮することができます。

 巨大な船体を支え、バラストタンクなどが含まれる高さ23.75mの8本の柱。この部分の外観と主神オーディンが騎乗する8本脚の軍馬が似ているというのが「Sleipnir」という船名の由来だそうです。

建造費用は10億米ドル、日本円で1,200億円。

船名Vessel name Sleipnir
吊上げ能力Lifting capacity 10,000トン吊×2基
タンデム 20,000トン吊
長さlength 220m
width102m
喫水Draft Range 12m~32m
建造年Year of construction 2019年
所有会社Owner companyHeerema Marine Contractors
「Sleipnir」の概要

 「Sleipnir」に搭載されているクレーンブームの長さは144m。

 メインホイストは、それぞれ作業半径27m~48mで最大10,000トンを吊り上げ可能。最大作業半径は102m。

 メインホイストの他に2つのフックがあり、それぞれの吊り上げ重量は2,500トンと200トン。

 2015年にHeerema社とシンガポールのSembcorp Marineとの間で「Sleipnir」の建造契約を締結。建造費用は10億米ドル日本円で1,200億円。(1ドル=120円換算、2015年3月時点)

 長さ220m、幅102mという巨大な船体の中で貨物などを搭載可能な甲板面積は12,000m2。一般的なサッカーコートの広さが7,140m2なので1.5面分以上の大きさの貨物などを搭載することが可能。

2,500トン吊り補助ホイストのクレーン検査
出典:Heerema

400人分の宿泊設備

巨大な船体には400人分の宿泊設備を搭載
出典:Heerema

 「Sleipnir」には上級船室5部屋、シングルの船室45部屋、ダブルの船室175部屋が搭載されていて400人が宿泊することが出来る。

 居住設備にある食堂も広く、一度に200人が利用できる。

 非常時に使用する救命ボートは自由落下式のものが9艇備えられていて、それぞれの定員は70人。

LNG燃料を使用する地球環境に優しい最先端のクレーン船

 エンジンにはDF(dual fuel)エンジンを搭載しており、MGO(Marine Gas Oil)とLNG(Liquefied Natural Gas)双方を切り替えて運転可能。基本的にはLNG燃料を使用する予定という地球環境にも優しい最先端のクレーン船。

 2020年3月にはロッテルダム港で過去最大となる3,300トンのLNG燃料をバンカリングした。「Sleipnir」に搭載されているLNG燃料のタンク容量は8,000m3

ロッテルダム港でLNG燃料の補給を行う「Sleipnir」
出典:Heerema

吊り上げ世界記録

 世界最大のクレーン船「Sleipnir」は当然ですがクレーン船による世界最大の吊り上げ記録を持っている。吊り上げ記録は2度更新され、最初の記録更新は建造された2019年に記録された15,300トン。

リヴァイアサンガス田のトップサイド設置
出典:Heerema

 以前の吊り上げ記録は「Saipem 7000」による12,100トン。2004年10月、地中海 リビア沖110kmに位置する「Bahar Essalam field」の中央プラットフォーム「Sabratha」のdeck 設置。

 「Saipem 7000」の記録を更新したのは2019年9月、イスラエル沖の地中海にあるリヴァイアサンガス田のトップサイド設置。吊り上げ重量は15,300トン

 自身が持つ吊り上げ記録を更新したのは2022年10月4日、デンマーク沖合の北海にあるタイラ油田のトップサイド設置。

 それまでの記録15,300トンを大きく上回る17,000トンを吊り上げた。

Sleipnirが17,000トンを吊り上げて世界記録を更新
「Sleipnir」による重量17,000トンのトップサイド設置
出典:Heerema

取り扱うもの全てが巨大

 世界最大のクレーン船が取り扱う全てのものが巨大。日本の大型起重機船が取り扱うワイヤーなどの吊具も大きいですが、世界最大クラスになると巨大さがレベチ。

起重機船・クレーン船【世界TOP5】

ランキング

関連記事

 基本的には半潜水式という船体構造の能力が発揮される石油プラットフォーム関係のジャケットやトップサイドの設置・撤去作業が多いですが、近年では洋上風力関係の作業にも挑戦している。

Sleipnirが全長130mのフレアタワーを設置
先日、北海にあるタイラ油田で17,000トンのトップサイド設置をおこない、吊り上げ世界記録を更新した「Sleipnir」が残りの2つのブリッジとフレアタワーを設置してタイラ油田での作業を完了した。
Fécamp洋上風力発電所 71基の重力式基礎を設置完了
フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」で5,000トン/基の重力式風車基礎71基の設置が完了。今後は風車基礎へ砂利を投入、アレイケーブル設置、2023年上半期から風車設置の予定。完成予定は2023年末。
【世界記録】Sleipnirが17,000トンを吊り上げて記録更新
これまでの吊り上げ世界記録を大幅に塗り変える17,000トンという大記録が誕生。記録を更新したのは世界最大の吊り上げ能力を誇るオランダの「Sleipnir」。半潜水式と呼ばれる船体に搭載されているクレーンの最大吊り上げ能力は2万トン。
フランスのFécamp洋上風力発電所で重力式基礎設置開始
フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」。採用されている基礎構造は重力式という少し珍しいタイプ。予定ではSaipem 7000による設置でしたが、作業を行っているのは世界最大のクレーン船「Sleipnir」。
北海のBrae油田で「Sleipnir」が11,000トンのジャケット撤去
世界最大のクレーン船「Sleipnir」による北海のBrae油田での石油プラットフォームのジャケット撤去。重量は11,000トン。
「Sleipnir」がDunlin油田のトップサイドを撤去
世界最大のクレーン船「Sleipnir」がスコットランドにあるDunlin Alphaプラットフォームのトップサイドを撤去。トップサイド撤去の様子と記事後半ではDunlin Alphaプラットフォーム建造時(45年前)の様子もあります。
Google mapで世界の起重機船を探してみた
Google mapで作業船を探す  Google mapの航空写真で世界の作業船を探す。  Google mapの使い方を間違えていると言われそうですが、新型コロナウイルスの影響で外に出かけることを少し躊躇してしまう今日この...
世界のクレーン船 吊上げ記録
世界最大級の起重機船、クレーン船による重量物の吊り上げ作業。実際に吊り上げている重量は何トンなのか。気になる重量を調査。
タイトルとURLをコピーしました