雲林洋上風力発電所(Yunlin offshore wind farm)

雲林洋上風力発電所(Yunlin offshore wind farm)
スポンサーリンク

概要

名称雲林洋上風力発電所(Yunlin offshore wind farm)
設置位置台湾 雲林県沖 8~17km
水深7~35m
発電容量640MW
基礎構造着床式、モノパイル
タービンメーカーSiemens Gamesa
風力タービン8MW「SG 8.0-167」
設置基数80基
運転開始2024年
事業者Yunneng Wind Power Co. Ltd.(允能風力発電股份有限公司)
その他
Yunneng Wind Power Co. Ltd.(允能風力発電股份有限公司)出資・参画企業
  • Skyborn Renewables(25%)
  • TotalEnergies(23%)
  • Electricity Generating Public Company(25%)
  • 双日、JXTGエネルギー、中国電力、中電工、四国電力のコンソーシアム(27%)

位置図

スポンサーリンク

関連記事

台湾で建設中の洋上風力発電所で事故発生、工事中断
台湾で建設中のYunlin Offshore Wind Farm(雲林洋上風力発電所)で事故が発生し、工事が中断しているようです。
清水建設のSEP船「BLUE WIND」来年2月から台湾で施工
2023年9月1日、Fred. Olsen Windcarrierは清水建設と台湾で建設が進められている雲林洋上風力発電所のモノパイル輸送と設置について契約を締結したと発表。開始時期は2024年2月からで期間は200日が見込まれている。
台湾の雲林洋上風力で年内作業終了、「BLUE WIND」帰国?
台湾西部の雲林県沖で建設が進められている雲林洋上風力発電所で2023年の設置作業が無事終了したことが明らかにされました。あくまでも2023年の作業が終了しただけであって、プロジェクト全体の設置作業が終了した訳ではない。
台湾の雲林洋上風力撤退巡りサプラ・エナジーへ約80億円の仲裁請求
Sapura Energyと子会社のSOSBは、台湾の雲林洋上風力発電所で請け負っていた風力タービン基礎設置について契約違反の疑いから雲林洋上風力の事業者であるYunneng Wind Powerから日本円で約80億円の仲裁請求を受けた
台湾の雲林洋上風力で初期段階に設置した一部のモノパイル撤去予定
2024年2月14日、Jumbo Offshoreは雲林洋上風力発電所のモノパイル撤去についてYunnneg Wind Powerと契約をおこなったことを明らかにしました。
台湾の雲林洋上風力で2024年の設置作業スタート、年内完了予定
2024年3月22日、台湾で建設が進められている雲林洋上風力発電所で2024年の設置作業がスタートしたことをSkyborn RenewablesはSNSへの投稿で明らかにしました。再開した作業では今季初となるモノパイル設置が完了したという。
雲林洋上風力で2024年の設置作業が始まり風力タービン2基を設置
2024年5月7日、Skyborn Renewablesは台湾の雲林洋上風力発電所(Yunlin offshore wind farm)で今シーズン最初の風力タービン2基の設置がおこなわれたと発表。
台湾の雲林洋上風力でモノパイル撤去作業を間もなく開始
2024年5月14日、Jumbo MaritimeはLinkedInへの投稿で雲林洋上風力発電所(Yunlin Offshore Wind Farm)のモノパイル撤去作業を数日中に開始予定であることを明らかにしました。
タイトルとURLをコピーしました