☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

1,600トン吊りSEP起重機船「CP-16001」

1,600トン吊りSEP起重機船「CP-16001」完成間近

 五洋建設、鹿島建設、寄神建設の3社による共同出資会社「PKYマリン株式会社」(出資比率 五洋:65%,鹿島:30%,寄神:5%)が保有・運営を行う1,600トン吊りSEP起重機船「CP-16001」

スポンサーリンク

1,600トン吊り「CP-16001」

 SEP起重機船「CP-16001」の建造が発表されたのは、2019年11月20日。すでに、大林組と東亜建設工業及び清水建設は、SEP起重機船の建造を発表していました。当時、日本国内にSEP起重機船は1隻だけという状況。「CP-16001」の建造発表自体は、五洋建設の「CP-8001」、大林組・東亜建設工業、清水建設に次いで国内4隻目。

 これまでの3隻と大きく違う点は、建造場所を国内ではなく海外にしたというところ。建造を行ったのはインドネシアのバタム島にあるGraha造船所。基本設計はGustoMSC、メインクレーンはHuismanが担当し、肝心な部分は押さえた上で建造場所を海外のインドネシアにすることで、建造コストを抑えている。投資額は約185億円。

船名CP-16001
クレーン能力1,600トン
長さ120m
45m
デッキ面積3,800m2
「CP-16001」の概要(予定)

 船体に関する詳細情報は発表されていないので、現時点では概要程度しか分からない。搭載されているクレーン能力は、1,600トン。船体寸法は、長さ120m、幅45m、デッキ面積は3,800m2を予定している。

 10~12MW級の洋上風力タービン部材を複数基搭載して運搬できる仕様。

スポンサーリンク

2021年12月に進水式

インドネシアにあるPax Ocean Graha造船所での「CP-16001」進水式
出典:Youtube | PaxOcean Shipbuilder

 インドネシアのバタム島にあるGraha造船所で2020年10月に起工した後、建造が進められ、2021年12月に進水式が行われた。

スポンサーリンク

Vessel History

 2021年12月の進水式以降は公式アナウンスが無いので、これまでに発表されている予定を記載。

SEP起重機船「CP-16001」
  • 2019年11月
    建造を発表

    投資額は約185億円

  • 2020年1月
    建造契約、船舶保有会社設立

    SEP起重機船の保有・運営は、共同出資会社「PKYマリン株式会社」(出資比率 五洋:65%,鹿島:30%,寄神:5%)が行う

  • 2020年10月
    起工

    建造場所はインドネシアのバタム島にあるGraha造船所

  • 2021年12月
    進水
  • 2022年9月
    完成・引き渡し(予定)
  • 2023年4月
    稼働開始(予定)

スポンサーリンク

関連記事

響灘で初作業、SEP船「CP-16001」長崎から北九州へ曳航
2023年10月初旬に建造場所のインドネシアから半潜水運搬船「RED ZED I」で日本へ運ばれたSEP起重機船「CP-16001」が、初作業に向けて長崎から北九州へ曳航されました。
SEP船「CP-16001」インドネシアから長崎へ到着
2023年9月に完成・引き渡しされた1,600トン吊りSEP起重機船「CP-16001」が建造場所であるインドネシア バタム島のGraha造船所から半潜水式運搬船に搭載されて長崎に到着。
1,600トン吊りSEP船「CP-16001」完成・引き渡し
2023年9月27日、五洋建設、鹿島建設、寄神建設の3社は共同で建造を進めていた1,600トン吊りSEP起重機船「CP-16001」が完成し、引き渡しされたことを明らかにしました。インドネシアで建造され、9月8日に引き渡し式が行われていた。
SEP起重機船吊り上げ能力ランキング【世界TOP8】
世界で活躍するSEP起重機船に搭載されたクレーン能力ランキング。日本でも相次いで建造が行われ、世界トップクラスのSEP起重機船の中に日本企業もランクインしているので注目。
SEP起重機船「CP-16001」SEA TRIAL実施中?
なかなか完成・引き渡しのアナウンスが聞こえてこないSEP起重機船「CP-16001」ですが、SEA TRIALを行っている動きが見られました。最終動作確認でしょうか?
北九州響灘洋上WFの洋上工事は五洋・日鉄エンジニアリングが受注
北九州響灘洋上ウインドファームの事業者ひびきウインドエナジー株式会社は、各種工事の契約締結先を公表。海洋工事とジャケット式基礎の製作について五洋・日鉄エンジニアリング特定建設工事共同企業体と契約。
洋上風力タービンのブレード設置効率を向上させる目的のSEP船を発表
2022年9月27日にNOV、GustoMSCから発表された洋上風力タービンのブレード設置に特化したSEP船「Sjøhest」。大型SEP起重機船でタワーとナセル設置、そしてブレードのみSEP船「Sjøhest」で設置する。
1,600トン吊りSEP起重機船「CP-16001」完成間近
2022年9月の完成・引き渡しを目指し、完成すれば国内2隻目となる1,600トン吊りSEP起重機船「CP-16001」の完成が近づいてきた。保有・運営を行うのは、3社による共同出資会社「PKYマリン株式会社」。
インドネシアで建造中の国内2隻目のSEP起重機船が進水
「CP-16001」進水  2021年12月22日、五洋建設、鹿島建設、寄神建設が建造中の1600トン吊りクレーンを搭載する予定のSEP起重機船「CP-16001」の進水作業を行った。  建造作業は順調で、2022年9月に完成・引き渡し予定...
タイトルとURLをコピーしました