中国のニュース記事で日本の洋上風力設置船について報じる内容

中国のニュース記事で日本の洋上風力設置船について報じている内容 洋上風力発電
スポンサーリンク

中国のニュース記事で日本の洋上風力設置船について報じる内容

2024年4月12日に中国のニュース記事で日本の洋上風力設置船について報じていました。内容が少し興味深いものだったので紹介。

その記事のタイトルはこちら👇

6艘风电安装船“来袭”!这下不缺船了!

(風力発電設置船6隻が「到着」! 今では船舶不足解消!)

https://wind.imarine.cn/news/89533.html

中国の記事で報じられている内容としては、着実なペースで進められている日本の洋上風力発電プロジェクトにおいて、施工をおこなう洋上風力設置船の船団拡充がおこなわれており、2025年には日本船籍の設置船が6隻になるというもの。

記事内で洋上風力設置船6隻というのはSEP起重機船を意味しており、既にいる日本のSEP起重機船と将来的に保有する予定のSEP起重機船を思い浮かべると、2025年で6隻というのは納得。

現在、運用中の設置船は3隻

清水建設のSEP船「BLUE WIND」来年2月から台湾で施工
「BLUE WIND」
出典:Fred. Olsen Windcarrier
SEP船「CP-16001」インドネシアから長崎へ到着
「CP-16001」
出典:PENTA-OCEAN CONSTRUCTION
「CP-8001」
出典:PENTA-OCEAN CONSTRUCTION

記事では現在、日本で運用中の洋上風力設置船は3隻だと説明。この段階で少し変だなと思いましたが、まずは中国のニュース記事内容を続けて紹介。

その3隻というのは、清水建設の「BLUE WIND」、五洋建設・鹿島建設・寄神建設の3社による共同出資会社PKYマリンの「CP-16001」、五洋建設の「CP-8001」。

2024年から2025年の間で新たに3隻が追加

「柏鶴」
出典:OBAYASHI CORPORATION
戸田建設など6社の共同出資会社で1,300トン吊りSEP船 共同保有へ
「JWFC SUNRISE」(仮)
出典:TODA CORPORATION
「Sea Challenger」
出典:Wikipedia | Thomas Dahlstrøm Nielsen, CC BY-SA 4.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0, via Wikimedia Commons

そして、2024年から2025年の間で新たに3隻が追加と書かれている。

追加されるのは、2024年上半期に大林組と東亜建設工業の「柏鶴」、2隻目は戸田建設を含む6社が共同保有予定の「JWFC SUNRISE(仮)」(旧 TERAS SUNRISE)、3隻目は五洋建設とDEMEの合弁会社であるジャパンオフショアマリンが日本船籍化して2025年春に就航予定の「Sea Challenger」。

中国のニュース記事で説明されている日本の洋上風力設置船6隻

運用中

  • 「BLUE WIND」:2,500トン吊り、清水建設
  • 「CP-16001」:1,600トン吊り、PKYマリン(五洋・鹿島・寄神の3社による共同出資会社)
  • 「CP-8001」:800トン吊り、五洋建設

保有予定

  • 「柏鶴」:1,250トン吊り、大林組と東亜建設工業
  • 「JWFC SUNRISE(仮)」:戸田建設を含む6社が共同保有予定
  • 「Sea Challenger」:1,600トン吊り、ジャパンオフショアマリン(五洋建設とDEMEの合弁会社)
スポンサーリンク

「柏鶴」はまだ引き渡されていない?

疑問に感じたのは、大林組と東亜建設工業の「柏鶴」についての説明。両社の公式発表では2023年4月に完成したということですが、中国のニュース記事では2024年上半期に引き渡される予定だと書かれています。

まだ引き渡されていないというニュース記事を見た感想としては、違和感を感じつつも確かに完成から1年が経過していながら洋上風力の現場で活躍しているという情報は出ていないことから、”そうだったんだ”と妙に納得してしまう部分もある。

「柏鶴」にはHuisman製のパイルグリッパーが搭載される予定ですが、その情報も出てきていないので現状どのような状況なのかは不明。中国の記事内で2024年上半期に引き渡される予定と書かれているのがHuisman製のパイルグリッパーを指している可能性はあるのかもしれません。

所有企業が発表している公式情報から「柏鶴」が完成していることは間違いない。そして、まだ洋上風力の現場で作業していない。初作業はいつになるんでしょうか・・。

スポンサーリンク

関連記事

雲林洋上風力で2024年の設置作業が始まり風力タービン2基を設置
中国のニュース記事で日本の洋上風力設置船について報じる内容
台湾の雲林洋上風力で2024年の設置作業スタート、年内完了予定
【ガイアの夜明け】SEP船「BLUE WIND」風車設置に密着
北海道の「石狩湾新港洋上風力発電所」商業運転開始
「BLUE WIND」と同型船「SEAWAY VENTUS」完成
台湾の雲林洋上風力で年内作業終了、「BLUE WIND」帰国?
「BLUE WIND」施工の「入善洋上風力発電所」運転開始
⽯狩湾新港洋上風⼒で8MW風力タービン14基設置完了
清水建設のSEP船「BLUE WIND」来年2月から台湾で施工
石狩湾新港で建設中の洋上風車、8月中に設置完了は厳しい?
「BLUE WIND」とほぼ同仕様のSEP船、完成間近
石狩湾新港 SEP船「BLUE WIND」によるタービン設置開始
SEP船「BLUE WIND」石狩湾新港へ向け室蘭港を出港
国内最大のSEP船「BLUE WIND」母港の室蘭港に初入港
石狩湾新港洋上風力で工事本格化、現場の様子を報道公開
入善洋上風力で「BLUE WIND」が使用した巨大油圧ハンマー
入善洋上風力「BLUE WIND」による風力タービン設置開始
SEP船「BLUE WIND」 ⼊善洋上⾵⼒の洋上風車建設に着手
入善町沖洋上風力で設置する明陽智能の風力タービンが天津港を出港
SEP起重機船吊り上げ能力ランキング【世界TOP8】
清水建設のSEP船「BLUE WIND」初任務へ向け いざ日本海へ
富山県入善町沖で使用するモノパイルが完成し中国から出荷
Channel Japanで清水建設のSEP船を紹介する動画公開
清水建設のBLUE WINDがChannel Japanに登場
清水建設がSEP起重機船「BLUE WIND」のテレビCMを公開
富山県の入善沖で使用する中国の洋上風車 適合性評価を完了
清水建設が完成した世界最大のSEP起重機船を公開
洋上風力タービンのブレード設置効率を向上させる目的のSEP船を発表
石狩湾新港洋上風力発電施設の海上工事に着手
清水建設が建造中の「BLUE WIND」に45mの伸縮ギャングウェイ設置
清水建設が建造中のSEP起重機船「BLUE WIND」SEA TRIAL実施中
清水建設の世界最大級SEP船が進水
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。