北九州響灘洋上WFの洋上工事は五洋・日鉄エンジニアリングが受注

北九州響灘洋上WFの洋上工事は五洋・日鉄エンジニアリングが受注着床式

 北九州響灘洋上ウインドファームの事業者ひびきウインドエナジー株式会社は、各種工事の契約締結先を公表。海洋工事とジャケット式基礎の製作について五洋・日鉄エンジニアリング特定建設工事共同企業体と契約。

スポンサーリンク

北九州響灘洋上WFの洋上工事は五洋・日鉄エンジニアリングが受注

 2022年12月12日、北九州響灘洋上ウインドファームの事業者ひびきウインドエナジー株式会社は、各種工事の契約締結先を公表。海洋工事とジャケット式基礎の製作について五洋・日鉄エンジニアリング特定建設工事共同企業体と契約。

公表された各種工事等の契約締結先
  • 【風車供給・据付工事】 べスタス・ジャパン株式会社
  • 【風車基礎・海洋工事】 五洋・日鉄エンジニアリング特定建設工事共同企業体
  • 【陸上電気工事】 株式会社 J-POWER ハイテック
  • 【O&M拠点港工事】 五洋・若築特定建設工事共同企業体
  • 【CTV運航管理】 東京汽船株式会社
O&M、CTVとは?
  • O&Mとは、Operation and Maintenanceの略で、完成後の保守・運転を行うこと
  • CTVとは、Crew Transfer Vesselの略で、作業員を輸送するための船舶

 ジャケット式の風車基礎の製作は、石狩湾新港洋上風力発電事業と同様に日鉄エンジニアリングの若松工場で製作する予定。

名称石狩湾新港北九州響灘
水深15~20m14m
風車単機出力8MW9.6MW
ジャケット重量750トン?トン
※北九州市沖洋上風力発電実証研究での水深

 ジャケット式基礎の寸法や重量は公表されていませんが、現在製作中の石狩湾新港洋上風力向けのジャケット重量は750トン。水深はあまり差がありませんが、搭載される風車タービンが北九州響灘洋上WFの方が少し大型なので1,000トン前後の重量になるのかも。

北九州響灘洋上ウインドファームの概要

 北九州響灘洋上ウインドファームの工事開始時期は2022年度末の予定。なので2023年3月までには工事に着手する予定で、運転開始は2025年度の予定。設置する風車タービンはVestasの単機出力9.6MWのV174-9.6 MW、設置数は25基

北九州響灘洋上ウインドファームの概要
  • 国内最大の9.6MW洋上風車設置
  • 設置位置:福岡県 北九州市沖 響灘
  • 発電容量:V174-9.6 MW、9.6MW×25基=240MW(接続容量220MW)
  • 風車基礎:着床式、ジャケット式
  • 売電先:九州電力送配電株式会社、売電期間20年
  • 運転開始予定:2025年度

施工は五洋建設が保有するSEP起重機船

 五洋建設の掲載記事によるとジャケット式の風車基礎及び風車タービンの設置には五洋建設が保有するSEP起重機船が使用される予定。現況で施工に使用されそうなSEP起重機船は2隻。800トン吊りの「CP-8001」と1,600トン吊りの「CP-16001」。

 もう1隻、2025年春を目標に日本船籍化する予定のSEP船「Sea Challenger」がいますが、時期的に北九州響灘洋上ウインドファームの施工には間に合わない。

2025年春に日本船籍化予定のSEP船「Sea Challenger」

 ジャケット重量を考慮すると可能性が高そうなのは「CP-16001」のような気がしますが、完成のアナウンスは無い状態。予定では2022年9月に完成・引き渡し、2023年4月から稼働開始でしたが、2021年12月の進水以降は進捗情報が途絶えています。どうなってるんだろう。AIS情報では11月初旬頃にSEA TRIAL(海上公試)を行っていたようですが、まだインドネシアの建造場所に留まったまま。

 いずれにしても「CP-8001」、「CP-16001」のどちらかが施工を行う予定。

 数か月後には着工されるのでその段階で分かりますが、先行杭は「CP-8001」で施工して以降の作業は「CP-16001」と入れ替わるという可能性もあるのかも。

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました