ケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」

口之島沖座礁船から流出の油回収目処立たず、韓国海洋警察から感謝状
スポンサーリンク

ケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」座礁事故

座礁事故発生時の概要

2024年4月16日午後4時頃、韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」が鹿児島県口之島沖で座礁する事故が発生。船にはインドネシア人10人、韓国人3人、ミャンマー人1人の合わせて14人が乗船していましたが、全員救助されケガはない。事故当時、ケミカルタンカーは中国の福建省福州市から名古屋へ向かっていました。

事故発生からのタイムライン

ケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」座礁事故のタイムライン
  • 2024年
    4月16日
    鹿児島県口之島から北西約8kmで座礁事故発生

    インドネシア人10人、韓国人3人、ミャンマー人1人の14人は全員救助

  • 4月22日
    62歳の韓国人船長を業務上過失往来危険の疑いで鹿児島地方検察庁に書類送検

    鹿児島区検察庁は4月24日付けで韓国人船長を略式起訴し、鹿児島簡易裁判所は罰金30万円の略式命令を出した

  • 4月23日
    流出した積荷のシクロヘキサンが付近の空気中から確認される

    座礁している船体付近の空気中から積荷のシクロヘキサンと推定される成分を確認、第十管区海上保安本部が4月24日に緊急情報として発表

  • 4月25日
    船内の油を抜き取る作業を開始

    5月10日に完了

  • 5月16日
    波浪により船体の折損を確認

    船舶所有者が手配したサルベージ会社から船体が折れたと第十管区海上保安本部へ報告

ケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」

Korean Registerに登録されているケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」のRegister of Ship
  • Owner(船主):KEOYOUNG SHIPPING CO., LTD.
  • Manager(運航会社):KEOYOUNG SHIPPING CO., LTD.
  • Shipbuilder(建造):SHITANOE SHIPBUILDING CO., LTD.(下ノ江造船株式会社)
船名KEOYOUNG
PIONEER
総トン数2,577トン
載貨重量トン3,970トン
長さ88.6m
14.6m
深さ7.2m
船籍韓国
建造年2006年1月
ケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」
出典:Marine Traffic | KATSUMI YAMAMOTO
スポンサーリンク

【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました