韓国船籍のケミカルタンカーが鹿児島県口之島沖で座礁

韓国船籍のケミカルタンカーが鹿児島県口之島沖で座礁 国内ニュース
スポンサーリンク

韓国船籍のケミカルタンカーが鹿児島県口之島沖で座礁

2024年4月16日午後4時頃、韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」が鹿児島県口之島沖で座礁する事故が発生。船にはインドネシア人10人、韓国人3人、ミャンマー人1人の合わせて14人が乗船していましたが、全員救助されケガはない。しかし、ケミカルタンカーから油の流出が確認されているという。

第十管区海上保安本部から船舶海難の緊急情報が発表されており、ケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」には積荷としてシクロヘキサンが積まれていることが記載されています。積荷のシクロヘキサンは今のところ流出していないようですが、今後の事態悪化を防ぐために早急な対応が必要。

報道されている情報では、”暗礁に乗り上げた” ということなので、航行中に速力が出ている状態のまま船体が海底に衝突したことが推測される。

第十管区海上保安本部発表の緊急情報
【緊急情報】船舶海難:鹿児島県口之島北西方(2024年04月16日17時40分 発表)
出典:海上保安庁 | 第十管区海上保安本部
シクロヘキサンとは?

シクロヘキサンは、ベンゼンの水素付加によって作られる有機化合物。用途は主として有機溶媒で、洗浄液や接着剤などに含まれている。常温常圧で無色の液体、揮発性がある。皮膚などに長期間触れ続けた場合は皮膚炎などの病気を引き起こす可能性がある。吸引した場合、低濃度では頭痛等を、高濃度では意識障害を招く。消防法に定める第4類危険物 第1石油類に該当。

出典:Wikipedia | シクロヘキサン

座礁したケミカルタンカーは1カ月前に六連沖で転覆した船と同じ所有者

事故を起こしたケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」について調べてみると、つい最近の2024年3月に山口県下関市の六連島沖で転覆したケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」と同じ所有者であることが分かりました。2つの事故は発生要因が異なるので一概には言えませんが、短い期間のうちに重大事故を連続で起こしているのは事実であり、何らかの運航上の不備が潜んでいる可能性はあると言えそう。

AISによる航跡

ケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」の航跡
出典:MarineTraffic

AIS情報によると事故当時、ケミカルタンカーは中国の福建省福州市から名古屋へ向かっていたようです。無料で閲覧できるMarineTrafficの航跡情報では、暗礁に乗り上げる直前と思われる日本時間の4月16日15時45分時点で速力13.3ノット(時速24.6km)。そして、直後には0ノットになっていました。

無料で閲覧できるデータなので欠損データが多く正確性はかなり低いですが、10ノット以上の速力が出ている状態で船体が海底に接触している可能性は高い。破損した船体からの油流出も確認されているようなので、船体損傷の程度や船体の状態が気になるところ。

ケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」

Korean Registerに登録されているケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」のRegister of Ship
  • Owner(船主):KEOYOUNG SHIPPING CO., LTD.
  • Manager(運航会社):KEOYOUNG SHIPPING CO., LTD.
  • Shipbuilder(建造):SHITANOE SHIPBUILDING CO., LTD.(下ノ江造船株式会社)
船名KEOYOUNG
PIONEER
総トン数2,577トン
載貨重量トン3,970トン
長さ88.6m
14.6m
深さ7.2m
船籍韓国
建造年2006年1月
ケミカルタンカー「KEOYOUNG PIONEER」
出典:Marine Traffic | KATSUMI YAMAMOTO
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました