3,700トン吊り起重機船「武蔵」

スポンサーリンク

3,700トン吊り起重機船「武蔵」

1910年(明治43年)に広島県呉市で創業し、現在は本社を大阪に置く深田サルベージ建設㈱が所有する3,700トン吊り起重機船「武蔵」。

1974年に建造された時のクレーン能力は3,000トンでしたが、現在は吊り上げ能力925トンのメインフックを4つ搭載し、3,700トン吊りになっています。

寄神建設の「海翔」(4,100トン吊り)、吉田組の「第50吉田号」(3,700トン吊り)とともに、国内最大級の起重機船3隻のうちの1隻。

2018年9月に起きた関空連絡橋に貨物船が衝突した事故では、損傷した橋桁の撤去と修復された橋桁の復旧作業をおこない、2023年10月には来島海峡付近で沈没した貨物船「白虎」が引き揚げられた後に船体を反転するという難易度の高い作業を完了しています。

起重機船「武蔵」の概要

船名Vessel name 武蔵
吊上げ能力Lifting capacity 3,700トン
長さlength 107.0m
width49.0m
深さdepth 8.0m
建造年Year of construction 1974年
所有会社Owner company深田サルベージ
建設株式会社
「武蔵」の概要
起重機船「武蔵」
出典:YouTube | 深田サルベージ建設株式会社
スポンサーリンク

関連記事

有吉のお金発見 突撃!カネオくんで紹介されたクレーン船「武蔵」
NHKで放送された有吉のお金発見 突撃!カネオくん「重機!重機!重機!モンスター重機に迫る!」 (NHK総合1、初回放送日: 2022年7月23日)でクレーン船「武蔵」が登場。クレーン船「武蔵」の大きさに出演者からも驚きの声が。
女川町の離島を結ぶ「出島架橋」、秋に起重機船で一括架設の予定
来年2024年12月の完成を目指して建設が進められている、宮城県女川町の離島 出島と本土を結ぶ「出島架橋」。橋が架かることによって漁業が盛んな出島との往来を活発にするほか、災害時には「命の道」となり、女川町全体の活性化が期待されている。
小部湾へ向かう大型起重機船、逆さ状態の「白虎」建て起こしのため?
2021年5月に来島海峡付近で発生したケミカルタンカー「ULSAN PIONEER」との衝突事故により水深60mの海底に沈没した「白虎」。まだ、引き揚げ作業は完了した訳ではなく、「白虎」解体に向けた作業は今も続けられています。
大型起重機船による反転作業、変わり果てた姿の「白虎」に衝撃
2021年5月に来島海峡付近で衝突事故により沈没した貨物船「白虎」。2023年8月に水深60mの海底から海面付近まで引き揚げられたあとに小部湾へ移動し、大型起重機船2隻によりひっくり返った状態の「白虎」を反転させる作業がおこなわれました。
反転作業を終えた貨物船「白虎」、自船浮力で浮いている状態に
2021年5月に来島海峡付近で衝突事故により沈没した貨物船「白虎」。2023年8月に水深60mの海底から海面付近まで引き揚げられたあとに小部湾へ移動し、大型起重機船「武蔵」「第50吉田号」の2隻によって反転させる作業がおこなわれました。
松山港外港地区岸壁工事で起重機船「武蔵」によるケーソン吊り上げ
2024年2月17日、深田サルベージ建設の3,700トン吊り起重機船「武蔵」によって松山港外港地区岸壁(-13m)築造工事で設置する重量約1,500トンのケーソン吊り上げがおこなわれました。
下関沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー、来週引き起こしの予定
2024年3月20日に山口県下関市の蓋井島南東沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー撤去に向けた作業が進められている。5月初旬に船内の燃料抜き取りが完了し、5月9日から船体曳航に向けて転覆した状態の船体を引き起こす準備が始まっているという。
下関沖で転覆した韓国船籍ケミカルタンカーの引き起こし作業開始
2024年5月23日、山口県下関市の蓋井島南東沖で転覆した韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」の船体を引き起こす作業が始まりました。
タイトルとURLをコピーしました