☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

メガワット級浮体式波力発電ユニット「南鲲」試験運転開始

メガワット級浮体式波力発電ユニット「南鲲」試験運転開始 波力発電
スポンサーリンク

メガワット級浮体式波力発電ユニット「南鲲」試験運転開始

メガワット級浮体式波力発電ユニット「南鲲」設置位置

 2023年6月14日、広東省 珠海市の沖合に設置されたメガワット級浮体式波力発電ユニット「南鲲」(NAN KUN)の試験運転が開始されました。設置海域への曳航は6月7日に実施され、係留を含めた運転開始への準備が進められていたそうです。

名称南鲲
(NAN KUN)
平面面積3,500m2以上
重量4,000トン以上
発電出力1MW
設置海域へ曳航されるメガワット級浮体式波力発電ユニット「南鲲」
出典:珠海横琴博丰物流有限公司

 メガワット級浮体式波力発電ユニット「南鲲」は、巨大な三角形のプラットフォームをベースに発電システム、油圧システム、監視・係留設備などで構成され、平面面積は3,500m2以上、重量は4,000トン以上という大きさ。上部には太陽光パネルを設置しているのが確認できます。

 最大負荷条件下で1日当たり24MWhの電力を発電し、約3,500世帯に電力を供給することが出来るという。1日24時間の発電電力量が24MWhなので出力は1MW。台風などの荒天時にはバラスト調整により浮体を一定程度沈めて耐性を高める設計になっており、クラス16(51.2~55.8m/s)の風速にも耐えることが出来るそうです。

 再生可能エネルギーの一つである波力エネルギーは、環境負荷が少ないという利点から中国では開発が必要な新エネルギーとして位置づけられている。近年、中国の国内外で研究・製造されている波力発電装置は出力100kW程度と規模が小さい。今回実施しているメガワット級波力発電装置の開発に成功すれば、波力発電の経済性と商業運用の実現可能性を大幅に向上させることが出来るという。将来的には海洋観測、海水淡水化、海洋水素製造、海洋養殖など海洋応用開発の強力なサポート設備としての運用が見込まれているそうです。

2023年1月に実施された波力発電ユニットの進水式では半潜水式バージを使用

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました