Fécamp offshore wind farm

着床式

Fécamp洋上風力発電所の重力式基礎を製作場所から積出する方法

フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」。世界最大のクレーン船「Sleipnir」によって風車基礎となる71基の重力式基礎設置が完了しましたが、その重量は1基あたり5,000トンという大きなもの。
着床式

Fécamp洋上風力発電所 71基の重力式基礎を設置完了

フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」で5,000トン/基の重力式風車基礎71基の設置が完了。今後は風車基礎へ砂利を投入、アレイケーブル設置、2023年上半期から風車設置の予定。完成予定は2023年末。
着床式

フランスのFécamp洋上風力発電所で「Orion」による洋上変電設備設置

先日、世界最大のクレーン船「Sleipnir」による重力式の風車基礎設置が始まったところですが、並行して洋上変電設備の設置も行われているようです。作業を行うクレーン船は5,000トン吊り「Orion」。
着床式

フランスのFécamp洋上風力発電所で重力式基礎設置開始

フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」。採用されている基礎構造は重力式という少し珍しいタイプ。予定ではSaipem 7000による設置でしたが、作業を行っているのは世界最大のクレーン船「Sleipnir」。
着床式

フランスで建設が進む重力式基礎の「Fécamp offshore wind farm」

フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」。採用されている基礎構造は重力式という珍しいタイプ。着床式洋上風車の場合、モノパイルかジャケット式のものが多い中で重力式。日本の銚子沖にある洋上風車も重力式でしたね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました