☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

フランスのFécamp洋上風力発電所で「Orion」による洋上変電設備設置

フランスのFécamp洋上風力発電所で2,100トンの洋上変電設備設置 洋上風力発電

 フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」。先日、世界最大のクレーン船「Sleipnir」による重力式の風車基礎設置が始まったところですが、並行して洋上変電設備の設置も行われているようです。作業を行うクレーン船は5,000トン吊り「Orion」。

スポンサーリンク

「ORION」による洋上変電設備設置

 今回設置が行われたのは、洋上変電設備のジャケットとトップサイド。

【洋上変電設備】ジャケットとトップサイド

ジャケット

  • 重量:1,500トン
  • 高さ:約60m
  • 足の本数:4本

トップサイド

  • 重量:2,100トン
  • 大きさ:41m × 29m
  • 高さ:17m

ジャケット先行杭打設

 ジャケットは事前に打設した先行杭に差し込むタイプ。4本の先行杭はSEP起重機船「Sea Installer」によって2022年4月に打設完了。

洋上変電所のジャケット先行杭を打設するSEP起重機船「Sea Installer」
出典:Parc éolien en mer de Fécamp

ジャケット設置

 先行杭にジャケット下端を差し込む為に、鉛筆の先のように先端を細くしてガイド材にしています。先端を尖らせているのは4本中の2本。その2本も高さ違いになっている理由は、1本ずつ先行杭への位置合わせを行うため。施工をやり易くするための工夫。

「Orion」で吊り上げたジャケット(重量:1,500トン、高さ:約60m)
出典:Atlantique Offshore Energy

トップサイド設置

「Orion」によるトップサイド設置(重量:2,100トン、高さ:17m)
出典:Parc éolien en mer de Fécamp
「Orion」によるトップサイド設置(重量:2,100トン、高さ:17m)
出典:Atlantique Offshore Energy
「Orion」の現在地

 現場が終わるとそそくさと次の場所へ向かっていました。仕向港はオランダのフリッシンゲン(Vlissingen)になっています。次はどこの現場へ行くんだろう。

「Orion」のAIS情報

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました