フランスのFécamp洋上風力発電所で「Orion」による洋上変電設備設置

フランスのFécamp洋上風力発電所で2,100トンの洋上変電設備設置着床式

 フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」。先日、世界最大のクレーン船「Sleipnir」による重力式の風車基礎設置が始まったところですが、並行して洋上変電設備の設置も行われているようです。作業を行うクレーン船は5,000トン吊り「Orion」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ORION」による洋上変電設備設置

 今回設置が行われたのは、洋上変電設備のジャケットとトップサイド。

【洋上変電設備】ジャケットとトップサイド

ジャケット

  • 重量:1,500トン
  • 高さ:約60m
  • 足の本数:4本

トップサイド

  • 重量:2,100トン
  • 大きさ:41m × 29m
  • 高さ:17m

ジャケット先行杭打設

 ジャケットは事前に打設した先行杭に差し込むタイプ。4本の先行杭はSEP起重機船「Sea Installer」によって2022年4月に打設完了。

洋上変電所のジャケット先行杭を打設するSEP起重機船「Sea Installer」
出典:Parc éolien en mer de Fécamp

ジャケット設置

 先行杭にジャケット下端を差し込む為に、鉛筆の先のように先端を細くしてガイド材にしています。先端を尖らせているのは4本中の2本。その2本も高さ違いになっている理由は、1本ずつ先行杭への位置合わせを行うため。施工をやり易くするための工夫。

「Orion」で吊り上げたジャケット(重量:1,500トン、高さ:約60m)
出典:Atlantique Offshore Energy

トップサイド設置

「Orion」によるトップサイド設置(重量:2,100トン、高さ:17m)
出典:Parc éolien en mer de Fécamp
「Orion」によるトップサイド設置(重量:2,100トン、高さ:17m)
出典:Atlantique Offshore Energy
「Orion」の現在地

 現場が終わるとそそくさと次の場所へ向かっていました。仕向港はオランダのフリッシンゲン(Vlissingen)になっています。次はどこの現場へ行くんだろう。

「Orion」のAIS情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
着床式洋上風力発電
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました