☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

フランスのフェカン洋上風力で全71基の風力タービン設置完了

フランスのフェカン洋上風力で全71基の風力タービン設置完了 洋上風力発電
スポンサーリンク

フランスのフェカン洋上風力で全71基の風力タービン設置完了

Parc éolien en mer de Fécampの掲載記事【2024年3月26日掲載】

100 % DES ÉOLIENNES SONT INSTALLÉES

(風力タービンの設置率100%)

https://parc-eolien-en-mer-de-fecamp.fr/2024/03/26/100-des-eoliennes-sont-installees/

2024年3月25日、フランス北西部の沖合に建設中の「Fécamp offshore wind farm」で最後の風力タービン設置がおこなわれ、全71基の設置作業が完了。フランスで建設が完了した商用規模の洋上風力発電所として、サン・ナゼール(Saint-Nazaire)とサン・ブリュー(Saint-Brieuc)に続いて3件目。

「Fécamp offshore wind farm」は、Siemens Gamesaの7MW風力タービン「SWT-7.0-154」71基で構成され、総発電容量は約500MW。着床式の風力タービン基礎はモノパイルやジャケットではなく重力式を採用。運転開始後は77万人以上の消費電力量に相当する電力を供給するという。

風力タービン設置が始まったのは2023年7月。そして、1月中旬に50%完了、2月初旬に70%完了という進捗情報がウェブサイトで公開されていました。最終的に設置作業完了までの所要日数から計算すると、1ヶ月当たりの風力タービン設置数は約9基。

風力タービン設置作業をおこなったのはDEMEの1,500トン吊りSEP起重機船「Innovation」。

1,500トン吊りSEP起重機船「Innovation」

船名Innovation
クレーン能力1,500トン
長さ147.5m
42m
深さ11m
レグ長さ89m
DPSDP2
建造年2015年
1,500トン吊りSEP起重機船「Innovation」
出典:EDF Renouvelables
スポンサーリンク

「Fécamp offshore wind farm」の概要

「Fécamp offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:フランス フェカン沖、海岸から13〜22 km
  • 発電容量:497MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SWT-7.0-154、7MW、71基
  • 風車基礎:着床式、重力式
  • 風車形状:ローター直径 154m、ブレード長さ 75m、ハブ高さ 105m、全高 180m
  • 運転開始予定:2023年
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。