☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Fécamp洋上風力でSEP船による7MW風力タービン設置開始

Fécamp洋上風力でSEP船による7MW風力タービン設置開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

Fécamp洋上風力でSEP船による7MW風力タービン設置開始

SEP起重機船「Innovation」による風力タービン設置作業
出典:Parc éolien en mer de Fécamp
設置が完了した1基目の風力タービン
出典:Parc éolien en mer de Fécamp

フランス北西部の沖合で建設中の「Fécamp offshore wind farm」でDEMEの1,500トン吊りSEP起重機船「Innovation」による風力タービン設置作業を開始。71基の風力タービンのうち1基目の設置が完了したようです。

設置をおこなうSEP船「Innovation」の甲板上には4セットの風力タービン資材が積み込まれているという。積込をおこなったのは、風力タービン設置エリアから西へおよそ130kmの位置にあるシェルブール(Cherbourg)。

風力タービン基礎には重力式という少し珍しいタイプの基礎構造が採用されています。形状は円錐形で底の部分が直径31m、高さは48m~54m、そして重量は1基当たり5,000トン。さらに設置をおこなった後は基礎のバラスト用として内部に砂利を充填しているという。

巨大な基礎の設置作業をおこなったのは、世界最大のクレーン船20,000トン吊りの「Sleipnir」。2022年8月1日に重力式基礎の設置を開始し、9月17日には71基の設置を完了。クレーンの吊り上げ能力だけではなく施工速度も世界最高レベル。

「Fécamp offshore wind farm」の関連記事

ル・アーブルで製作中の重力式基礎(5,000トン/基)
出典:Parc éolien en mer de Fécamp
運搬台船から重力式基礎を吊り上げる「Sleipnir」
出典:Parc éolien en mer de Fécamp
スポンサーリンク

「Fécamp offshore wind farm」の概要

「Fécamp offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:フランス フェカン沖、海岸から13〜22 km
  • 発電容量:497MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SWT-7.0-154、7MW、71基
  • 風車基礎:着床式、重力式
  • 風車形状:ローター直径 154m、ブレード長さ 75m、ハブ高さ 105m、全高 180m
  • 運転開始予定:2023年

Porté par @EDF_RE et ses partenaires, le parc éolien en mer de #Fécamp fournira d’ici la fin de l’année 2023 l’équivalent de la consommation annuelle d’électricité de 770 000 personnes.

(@EDF_RE とそのパートナーが主導する #Fécamp 洋上風力発電所は、2023 年末までに 77 万人の年間電力消費量に相当する電力を供給する予定です。)

Twitter | Parc éolien en mer de Fécamp(@EolienMerFecamp)

Siemens Gamesa の7MW風力タービン「SWT-7.0-154」71基で構成される「Fécamp offshore wind farm」の総発電容量は約500MW。2023年末までに運転が開始される予定で、発電した電力は77万人以上の年間消費電力量に相当するという。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました