☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Fécamp洋上風力発電所 71基の重力式基礎を設置完了

Fécamp洋上風力発電所 71基の重力式基礎を設置完了 洋上風力発電

 フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」で5,000トン/基の重力式風車基礎71基の設置がすべて完了。今後はバラスト用に風車基礎へ砂利を投入する作業と洋上風車間のアレイケーブル設置を行い、2023年上半期から上部の風車タービン設置を行う予定。完成予定は2023年末。

スポンサーリンク

Fécamp洋上風力発電所 71基の重力式基礎を設置完了

 2022年8月1日に開始した「Fécamp offshore wind farm」の重力式風車基礎71基の設置が9月17日に完了。

Parc éolien en mer de Fécampの掲載記事

LES 71 FONDATIONS GRAVITAIRES SONT INSTALLÉES EN MER

(71の重力基礎が海上に設置されています)

Les 71 fondations gravitaires sont installées en mer | Parc éolien en mer de Fécamp (parc-eolien-en-mer-de-fecamp.fr)

Fécamp洋上風力発電所の概要

「Fécamp offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:フランス フェカン沖、海岸から13〜22 km
  • 発電容量:Siemens Gamesa SWT-7.0-154、7MW×71基=497MW
  • 風車基礎:着床式、重力式
  • 風車形状:ローター直径 154m、ブレード長さ 75m、ハブ高さ 105m、全高 180m
  • 2023年、運転開始予定

「Sleipnir」による重力式の風車基礎設置

Fécamp offshore wind farmで重力式基礎を設置する「Sleipnir」
出典:Parc éolien en mer de Fécamp

 重量5,000トン、71基の重力式基礎設置を行ったのは世界最大のクレーン船「Sleipnir」。フランスのル・アーブル(Le Havre)で製作されたコンクリート製の基礎部材は3隻の運搬台船を使用。1隻に3基の重力式基礎を搭載して運搬。

運搬台船に搭載される3基の重力式基礎
出典:Parc éolien en mer de Fécamp

「Orion」による洋上変電所の設置

「Orion」による洋上変電所の設置(重量:2,100トン、高さ:17m)
出典:Parc éolien en mer de Fécamp

 2022年8月、5,000トン吊りクレーン船「Orion」により洋上変電所のジャケットとトップサイドのジャケットの設置が行われた。先行杭の打設は900トン吊りSEP起重機船「Sea Installer」によって2022年4月に打設完了。

風車タービンの設置は?

SEP起重機船「Sea Installer」による風車タービンの設置のイメージ図
出典:EDF Renouvelables

 2023年上半期から開始される予定の風車タービンの設置はDEMEが所有するSEP起重機船「Sea Installer」で作業する予定。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました