BALTIC EAGLE

着床式

「Thialf」がグレートベルト・リンクを通過してバルト海へ

Aフレーム改造を行った「Thialf」がグレートベルト・リンクを通過してバルト海に入った。目的は「BALTIC EAGLE」の洋上変電所設置と「Arcadis Ost I」の風車タービン設置。
着床式

ドイツで2023年4月から打設予定の1,421トンのモノパイル

ドイツのロストックにあるEEW SPCで製作されている1,421トンのモノパイル。「BALTIC EAGLE OFFSHORE WIND FARM」の洋上風車基礎として使用される予定。打設するのはVan Oordの「Svanen」。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました