☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

DP2搭載の重量物運搬船によるトランジションピース設置

DP2搭載の重量物運搬船によるトランジションピース設置 洋上風力発電
スポンサーリンク

DP2搭載の重量物運搬船によるトランジションピース設置

ドイツのバルト海で建設が進められている「BALTIC EAGLE OFFSHORE WIND FARM」では、Van Oordの特殊杭打ち船「Svanen」による50基のモノパイル設置が完了し、これからケーブル敷設船「Nexus」によるアレイ間ケーブルの設置が始まろうとしていますが、並行してトランジションピースの設置作業もおこなわれています。

そして、トランジションピース設置をおこなっているのは、クレーンとDPSを搭載した重量物運搬船。1隻だけでは無いようですが、現在、「BALTIC EAGLE」の設置エリアにいるのは、900トン吊りクレーン2基とDP2を搭載しているJumbo Maritimeの重量物運搬船「FAIRPLAYER」。

DP2重量物運搬船「FAIRPLAYER」

船名FAIRPLAYER
総トン数15,027トン
載貨重量トン10,700トン
搭載クレーン900トン×2
長さ144.1m
26.7m
深さ14.1m
建造年2008年
DP2重量物運搬船「FAIRPLAYER」
出典:Jumbo Maritime
スポンサーリンク

トランジションピース設置作業

Jumbo MaritimeがLinkedInへの投稿で掲載しているのは、Van Oordとともに以前施工をおこない、「BALTIC EAGLE」の近くにある「Arkona offshore wind farm」での「FAIRPLAYER」によるトランジションピース設置作業。

重量物運搬船「FAIRPLAYER」の深く掘り込まれた船倉内に複数のトランジションピースを積んで運搬。もともと運搬船なので、問題なし。そして、設置作業ではDP制御下で900トン吊りのクレーンを使用して設置。そこまで揚程の大きなクレーンではありませんが、海面付近のモノパイルに設置するので問題なく施工完了。

船縁には昇降用とみられる伸縮式のギャングウェイも見えます。施工的にトランジションピースの設置作業をDP搭載の重量物運搬船でおこなうと効率的。

「BALTIC EAGLE」のトランジションピース設置作業

Van Oordの掲載記事には、「BALTIC EAGLE」のトランジションピース設置作業が紹介されていました。搭乗する船の船名は確認できませんでしたが、「FAIRPLAYER」では無いようなので時期が少し前なのかもしれません。

作業の様子を紹介する動画では、重量物運搬船によるトランジションピース設置作業に加えて、モノパイルと連結するボルトの締め込み作業の様子も紹介。使用しているボルトはM72。Van OordのOffshore Construction Managerの方が作業を紹介してくれています。

Van Oordの掲載記事(動画あり)

リンク先 https://www.vanoord.com/en/updates/van-oord-starts-cable-installation-iberdrolas-baltic-eagle-offshore-wind-farm/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。