「Thialf」がグレートベルト・リンクを通過してバルト海へ

「Thialf」がグレートベルト・リンクを通過してバルト海へ着床式

 Aフレーム改造を行った「Thialf」がグレートベルト・リンクを通過してバルト海に入った。目的は「BALTIC EAGLE」の洋上変電所設置と「Arcadis Ost I」の風車タービン設置。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Thialf」がグレートベルトリンクを通過

 オランダのHeerema Marine Contractorsが所有する14,200トン吊りクレーン船「Thialf」がバルト海への入り口であるグレートベルト・リンク(Great Belt Link、デンマーク語: Storebæltsforbindelsen、ストアベルツファビドゥスン)を通過。Heerema社が所有するクレーン船がバルト海に入るのは初めて。

Heeremaの掲載記事

Thialf crosses the Storebaelt Bridge: Heerema enters the Baltic Sea

(Thialfがストアバエルト橋を渡る:ヘーレマがバルト海に入る)

Thialf crosses the Storebaelt Bridge: Heerema enters the Baltic Sea

グレートベルト・リンク通過の為にAフレーム改造

 「Thialf」は2021年から2022年にかけてロッテルダムに係留中、Aフレームの改造を行っていた。この改造により、Aフレームを格納することが出来るようになり、グレートベルト・リンクの桁下制限をクリア。

「Thialf」Aフレーム改造関連の記事

グレートベルト・リンク通過時のエアドラフトは65m弱

「Thialf」がグレートベルトリンクを通過してバルト海へ
出典:Heerema

 グレートベルト・リンク通過時はAフレームを格納するだけではなく、船体の最大喫水までバラストダウンした状態で通過。それでも「Thialf」の水面上に出ている高さは65m弱。グレートベルト・リンクの桁下制限は65mなので数字上はギリギリ。画像を見ると結構余裕があるように見えます。

バルト海での作業予定

 Heeremaの掲載記事によると、「Thialf」のバルト海での作業予定は2つ。

 1つは「BALTIC EAGLE OFFSHORE WIND FARM」での洋上変電所の設置。2つ目は「Arcadis Ost I」での9.5MW風車27基の設置。

BALTIC EAGLE OFFSHORE WIND FARM

 BALTIC EAGLEでの作業は洋上変電所のジャケット、基礎杭、トップサイドの設置。総重量は7,150トン。

 それ以外のモノパイル打設はVan Oordの「Svanen」、タービン設置はFred. Olsen WindcarrierのSEP起重機船「Blue Tern」で施工される予定。

種別企業名施工時期備考
(予定船舶など)
タービン製造MHI VestasV174-9.5 MW
モノパイル打設Van Oord2023年4月~Svanen
タービン設置Fred. Olsen
Windcarrier
2024年~Blue Tern
洋上変電所設置Heerema2022年Thialf
BALTIC EAGLE 各工程の請負企業と予定船舶
BALTIC EAGLE OFFSHORE WIND FARMの記事

Arcadis Ost I

Sleipnirによる「Rotor Nacelle Assembly (RNA)」の試験施工
出典:Youtube | Heerema Marine Contractors

 Arcadis Ost Iでの作業は風車タービンの設置。風車基礎のモノパイルはDEMEの「Orion」が打設済み。「Thialf」が設置する風車はVestas V174-9.5 MW、27基。

 設置方法はRotor Nacelle Assembly (RNA) installation methodと呼ばれる斬新な方法。非常に興味深い作業の1つなので早く施工風景が見たいです。

 着床式洋上風車の風車タービンをSEP起重機船以外で施工する方法としては画期的。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました