Baltic Eagle OWFで使用するモノパイル50本完成

Baltic Eagle OWFで使用するモノパイル50本完成 洋上風力発電

 ドイツのロストックにあるEEW SPCで製作されている50本のモノパイルが完成。「BALTIC EAGLE OFFSHORE WIND FARM」の洋上風車基礎として使用される予定で、2023年4月からVan Oordが所有する特殊杭打ち船「Svanen」で設置が始まる。

スポンサーリンク

Baltic Eagle OWFで使用するモノパイル50本完成

 2022年1月からドイツのロストックにあるEEW SPCで製作が開始された50本のモノパイルが完成。中でも最大サイズのモノパイルは直径9m、長さ90m、重量1,421トン。バルト海で建設が予定されている「BALTIC EAGLE OFFSHORE WIND FARM」の洋上風車基礎として使用される。

「BALTIC EAGLE」の概要
  • 設置位置:ドイツ リューゲン島から北東へ約30kmのバルト海、水深40~45m
  • 発電容量:MHI Vestas V174-9.5 MWタービン 9.53 MW×50基=476MW
  • 風車基礎:着床式、モノパイル(長さ90m、最大重量1,421トン)
  • 風車形状:ローター直径 174m、ブレード長さ 85m(35トン/枚)、ナセル重量 390トン、全高 197m、ハブ高さ 110m
  • 完成予定:2024年末
スポンサーリンク

モノパイル運搬方法は ”フロ-ト輸送”

 モノパイルの運搬方法は、岸壁でSEP起重機船や重量物運搬船に積み込みするのではなく、”フロ-ト輸送”

EEW SPCの 掲載記事

From spring 2023, the foundations will be float transported to the installation site in the Baltic Sea.

(2023年春から、基礎はバルト海の設置場所にフロート輸送されます。)

Baltic Eagle project monopile production ends (eew-group.com)

 ”フロ-ト輸送” を行う理由は、モノパイル設置を行う作業船の特性が関係している。「BALTIC EAGLE OFFSHORE WIND FARM」でモノパイル設置を行うのは、Van Oordが所有する特殊杭打ち船「Svanen」が予定されている。

モノパイルを打設する「Svanen」
出典:Van Oord
モノパイルを打設する「Svanen」
出典:Youtube | Van Oord

 「Svanen」は通常のクレーン船とは異なり、旋回することが出来ないので重量物運搬船や一般的な台船に積み込みされた資材を荷受けすることが出来ない。

 従って、画像のようにモノパイルを海面に浮かべた状態で運搬し、荷受けするという方法で施工が行われる。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました