2022-06

起重機船、クレーン船

GustoMSCが次世代大型自航式クレーン船シリーズENSISを発表

GustoMSCは、大型化する洋上風力市場のニーズに合わせた次世代大型クレーン船シリーズENSISを発表。SEPではなく自航式でDP2性能を持つ大型クレーン船。今後、市場拡大が見込まれている浮体式洋上風車建設での活躍が期待される。
事件・事故

「ジャンボ・キングダム(珍寶王国)」が南シナ海で沈没

長い歴史がある香港の水上レストラン「ジャンボ・キングダム(珍寶王国)」が曳航中に沈没。記事を見る限り ”故意に沈めた” ようにも思える感じで少し不可解。
観光、レジャー

大型クルーズ船の処女航海 行き先はスクラップヤードかもしれない

ドイツの造船所「MV Werften」で建造中の大型クルーズ船「Global Dream」が未完成のままスクラップ処分される可能性が高くなっているそうです。建造を続行するには800億円の資金が必要。
着床式

秋田にSEP起重機船「SEAJACKS ZARATAN」入港、今週にも風車設置開始

昨年の2021年に行ったモノパイル、トランジションピースの設置に続き、秋田洋上風力発電で今週にも上部の風車設置がいよいよ始まるようです。風車設置を行うのは昨年同様、800トン吊りSEP起重機船「SEAJACKS ZARATAN」。
宇宙、自然、歴史

SpaceXとABSがドローンシップ遠隔操作機能の共同開発プロジェクトにサイン

 ABS(American Bureau of Shipping、アメリカ船級協会)は、海上でのブースターロケット回収に使用する自律型ロケット回収用ドローンシップの遠隔操作機能を評価するため、SpaceXとの共同開発プロジェクトにサインしました。
着床式

Boskalisのクレーン船「Bokalift 2」が完成し、台湾の洋上風力設置へ向け進行中

Royal Boskalis Westminster N.V.の4,000トン吊り自航式クレーン船「Bokalift 2」が完成し、台湾のChangfang及びXidao洋上風力発電プロジェクトへ向けて移動中。
起重機船、クレーン船

「Bold Tern」1,600トン吊りのクレーンへアップグレード完了

2021年9月からシンガポールのKeppel FELSでクレーンのアップグレードを行っていた「Bold Tern」の作業が完了。クレーン能力は800トンから1,600トンに倍増。
国内ニュース

沈没事故から2カ月、知床の小型観光船2社が6月16日から運航再開

2022年4月23日の沈没事故から約2ヵ月。沈没事故の影響で運航を自粛していた小型観光船が6月16日から営業運航を再開。
洋上風力発電

4,000トン吊り「Gulliver」によるArcadis Ost 1変電設備設置

4,000トン吊り起重機船「Gulliver」が、Arcadis Ost 1洋上風力発電所の洋上変電所を設置。設置した変電所のモノパイルは「Orion」がつい先日、打設したもの。
浮体式

中国最大の6.2MW浮体式風車「扶摇号」設置完了

中国で6.2MWの半潜水型浮体式洋上風車「扶摇号」(fu yao hao)が設置されました。浮体式風車としては中国国内最大。
タイトルとURLをコピーしました