☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

1,200トン吊りSEP起重機船「De Jian(徳建)」クレーンブームを延長

起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

「De Jian(徳建)」クレーンブームを延長

 2022年6月8日、Yantai Salvage(烟台打捞局)のSEP起重機船「De Jian(徳建)」が行っていたクレーンブームを延長する改造が完了。

風力発電設置市場により良い適応し、「より高く、より速い」要件を満たすために、「Dejianホイール」メインクレーンブームの延長変換が展開されました:アームフレームは107.7メートルから125.3メートルに延長され、吊り高さは120メートルから140メートルに増加し、吊り重量を満たすことを前提に、メインフックワイヤロープとサブフックワイヤロープの巻き取り方法を更新し、吊り上げ速度を向上させました。

武漢造船機平成重機:「徳建船」主吊り機ブームの改修が成功裏に完了しました (shipoe.com)
揚程が20mアップ

 クレーンブームの長さは 107.7m → 125.3m に延長されたようです。17.6m。そして、延長により吊上げ高さは 120m → 140m に増加。20m。

 延長したブームより揚程が増加するのは変ですが、数字の丸め方でそうなったのでしょう。

改造は洋上風力建設のため

 クレーンブーム延長の目的は、洋上風力発電設備建設に順応するため。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました