2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」起工式

起重機船、クレーン船

 2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」の起工式(Keel Laying)。

 「Seaway Ventus」は2021年11月に”steel cutting”、今回は”Keel Laying”が行われた。

 造船の節目になる項目はいくつかあります。

造船の節目になる項目
  • First steel cutting 鉄鋼切断式
  • Keel Laying 起工式(キール敷設)
  • Launching 進水式
  • Naming 命名式
  • Delivery 引き渡し
今回は”Keel Laying” 起工式(キール敷設)が行われた
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Seaway Ventus」起工式

 2022年6月6日、中国の招商局重工(CMHI)海門基地にある1号ドックで2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」の起工式が行われた。

「Seaway Ventus」

吊上能力2,500トン吊
(telescopic leg-encircling crane)
長さ142.0m
50.0m
深さ11.0m
レグ長さ109m
建造年2023年 第2四半期
(2021年11月 建造開始)
建造場所CMHI(China Merchants Heavy Industry)
所有会社Seaway 7
「Seaway Ventus」の概要

船名の由来

 「Seaway Ventus」という船名の由来。

 ”Seaway”は建造している企業の Seaway 7 からきている。

 ”Ventus”はラテン語で ”風” を意味している。

「Seaway Ventus」の特徴

 特徴として、クレーンブームが伸縮する ”telescopic leg-encircling crane” を搭載している。

洋上風車設置作業(着床式)
  • 基礎部分:モノパイル建て込み、打設など重量物を取扱う作業がほとんどだが、揚程はあまり必要ではない
  • 上部風車:タワー、ナセル、ブレードの設置。基礎部分の作業に比べ、取り扱う重量は軽くなるが、揚程が必要になる

 重量物を取扱う基礎部分ではブームを格納(Retracted mode)した状態、揚程が必要な上部風車を組み立てる時は拡張(Extended mode)した状態。

 非常に効率的。一石二鳥というか一挙両得というか。理論上は最高なんですけど、なんか不安。長期的な運用を考えた時に不具合発生率が一番高そう。

telescopic leg-encircling crane
  • 格納モード(Retracted mode):2,500トン、揚程=116.5m
  • 拡張モード(Extended mode):1,600トン、揚程=155.4m
格納モード(Retracted mode)
拡張モード(Extended mode)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
起重機船、クレーン船
拡散中 ((꜆꜄ ˙꒳˙)꜆꜄꜆ポチポチポチ
Youtube動画も見てね(๑•ㅂ•)و グッ!
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました