Jan De Nulがハイエンドクレーンシミュレータを注文

起重機船、クレーン船

 Jan De Nulは建造中のVoltaireとLes Alizés用のハイエンドシミュレータをOSC ASに発注。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新船での作業を想定した人材育成

 ハイエンドクレーンシミュレーターとは、実際の物理条件と実際の船舶モデルに基づくデジタルツイン。このクレーンシミュレーターを使用することで、新船での作業を行う人材を訓練し、最も厳しい条件下にありながら、安全な環境で複雑な作業を現実的にシミュレートすることができる。

 これは日本の企業も導入するべきでしょうね。人材不足といわれている業界でなので、少々高くてもコスパはいいのではないでしょうか。実際、作業する人の立場になって考えると、やったことない海の上での風車組立作業を不安に思っている人も多いでしょう。その不安を取り除き、尚且つ、実際の作業と同じような経験を積むことができる。新規の雇用も増えそうだし、離職率も減って2倍お得なのでは。

 ところで、デジタルツインって何?

デジタルツインとは?

 デジタルツインとは、物理空間(現実世界)のものを、仮想空間に複製したものをいう。簡単に言うと、「実在するものからデータをとり、デジタル上の双子(twins)をつくる」という意味。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
起重機船、クレーン船
拡散中 ((꜆꜄ ˙꒳˙)꜆꜄꜆ポチポチポチ
Youtube動画も見てね(๑•ㅂ•)و グッ!
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました