世界初の起き上がる浮体式洋上風力、Aikido Oneプロジェクト

世界初の起き上がる浮体式洋上風力、Aikido Oneプロジェクト 洋上風力発電
スポンサーリンク

世界初の起き上がる浮体式洋上風力、Aikido Oneプロジェクト

出典:Aikido Technologies

2024年4月16日、Aikido Technologiesはルイジアナ州に拠点を置くエネルギーサービス会社Chet Morrison Contractorsと100kWの浮体式洋上風力プラットフォームの製造契約を締結したと発表。

製造するのはAikido Technologiesが開発している ”Upending”(起き上がる)という特殊な構造の浮体基礎による浮体式洋上風力タービン。出力100kWからも分かるようにフルスケールという訳ではなく、1:4スケールのプロトタイプ。Aikido One projectとして、2024年の第2四半期から第3四半期にルイジアナ州ハーベイにあるMorrisonの自社施設でプラットフォームを製造し、その後テストプログラムを開始する予定。

Aikido TechnologiesのCEO Sam Kanner氏は、Aikido Oneの試作機が2つの理由からアメリカ洋上風力発電産業にとって変革プロジェクトになると述べています。1つ目の理由は、これまでにアメリカで建設された最大の浮体式洋上風力プラットフォームという点。 2つ目に、世界初の起き上がる(Upending)半潜水式プラットフォームであるという点。

限られた港湾スペース、連続生産というアメリカだけでなく世界中の浮体式洋上風力産業が直面している課題を解決する手段として、Aikido Technologiesのコンセプトを現実的な条件で証明すると述べています。

今後の開発スケジュール

今回の100kWプロトタイプ製造契約締結の発表内容では、以降の開発スケジュールについて述べられていませんが、2023年の発表では、2024年末までに2MWのパイロットプロジェクトを立ち上げ、2026年または2027年に10MWまたは15MWの風力タービン設置をおこなう実証プロジェクトを目指すという計画でした。

開発スケジュール
  • 2024年4月
    100kWの浮体式洋上風力プラットフォームの製造契約締結
  • 2024年
    第2~3四半期
    100kWの浮体式洋上風力プラットフォーム製造

    ルイジアナ州ハーベイにあるMorrisonの自社施設

  • 2024年末
    2MWのパイロットプロジェクト立ち上げ
  • 2026年
    又は2027年
    10MWまたは15MW風力タービン設置の実証プロジェクト
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました