☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

最大長さ105mの風力タービンブレードを運ぶ巨大航空機の開発

最大長さ105mの風力タービンブレードを運ぶ巨大航空機の開発 新技術・工法
スポンサーリンク

最大長さ105mの風力タービンブレードを運ぶ巨大航空機の開発

アメリカのRadiaは、陸上の風力タービンブレードを輸送する大型航空機の開発をおこなうという。開発する巨大航空機「WindRunner」は全長108m、翼幅80m、高さ24m、最大で長さ105mの風力タービンブレードを輸送することが出来る。

Radiaのウェブサイトでは、「WindRunner」の大きさを説明する比較対象に量産された機体としては世界最大のAn-124 ルスラーンを引き合いに出し、いかに「WindRunner」が巨大であるかをアピールしています。

日本でのシチュエーションを想像すると需要は無そうな気がしますが、ターゲットにしているのはアメリカと北アフリカ。離着陸には1,800mの滑走路が必要。広大な土地がある場所ならば、途方もない距離の輸送インフラを整備するより、滑走路を建設するほうが効率的なのかも。

名称WindRunner
長さ108m
翼幅80m
高さ24m
最大積載容量長さ:105m
高さ:7.3m
幅 :7.3m
 重量:72.5トン
必要滑走路長1,800m
巡航速度マッハ0.6
航続距離2,000km
出典:Radia

既存インフラでは巨大化する風力タービンを運べなくなる

出典:Radia

ウェブサイトの中でRadiaは、建設と維持管理が容易であるという点から洋上風力発電に比べて陸上風力発電の方が実用的であると述べています。その上で、最大限のコストパフォーマンスを引き出すためには現在、そして将来的に最大出力の風力タービンを設置する必要があるという。

しかしながら、長さ100mを超えるブレードは既存の陸上インフラを使用した輸送に適していない。このボトルネックを解消するのが巨大航空機「WindRunner」。

風力タービン大型化を考えると、近い将来日本でも同じ問題が陸上風力発電では起こるのでしょうか。

送電網に接続しない地産地消のエネルギーとしての活用方法も

単機出力の大きな風力タービンを設置することで効率は向上し、発電コストが低くなるということは理解しやすい。しかし、陸上インフラが整っていないような僻地だと電力需要のある場所へ送電網を介して送電するコストが高くなる場合がある。

Radiaは、発電した電力を従来の送電網へ接続するだけではなく、データセンターなど近隣工場への電力供給やグリーン水素、グリーンアンモニアなどの生産にも最適であると述べています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。