浮体式デュアル洋上風力「OceanX」、タービン設置段階へ

浮体式デュアル洋上風力「OceanX」、タービン設置段階へ 洋上風力発電
スポンサーリンク

浮体式デュアル洋上風力「OceanX」、タービン設置段階へ

浮体式デュアル洋上風力「OceanX」、タービン設置段階へ
出典:Mingyang Smart Energy

中国の明陽智能(MingYang Smart Energy)は、世界最大の浮体式デュアル洋上風力プラットフォーム「OceanX」が風力タービン設置の段階に入ったことをLinkedInの投稿で明らかにしました。

浮体式デュアル洋上風力プラットフォーム「OceanX」は1つの浮体に8.3MWの風力タービン2基を搭載し、合計容量は16.6MW。1つの浮体に搭載した風力タービンとして、出力16.6MWは浮体式の中で群を抜いて最大。着床式を含めると明陽智能が22MWを開発中・16MWのナセル製造を発表しており、中国海装は18MWの風力タービンナセルを既に製造しているので最大ではありませんが、浮体式という点から画期的であることは間違いない。

「OceanX」の概要

出典:Mingyang Smart Energy
浮体式デュアル洋上風力プラットフォーム「OceanX」の主な特徴
  • 「MySE 8.3-180」2基搭載、発電容量16.6MW
  • 楕円形断面をもつV字型タワーは、生産効率向上と台風などの極端な気象条件下で負荷を軽減
  • タワー内部にはエレベーターと階段があり、容易にアクセス可能
  • プレテンション式のガイドロープにより荷重を分散することでタワー軽量化を実現

明陽智能のLinkedIn投稿によると、「OceanX」に搭載するV字型の風力タービンタワーは楕円形になっており、台風などの極端な気象条件下で負荷を軽減する構造を採用。そして、浮体の各頂点からタワー上部へガイドロープを張ることで荷重を分散し、タワー軽量化を実現しているという。

浮体の水面より下の部分がどのような構造になっているのかは明らかにされていない。LinkedInの投稿画像では進水した状態の浮体が確認できますが、濁りがひどいので水面下の部分は全く見えません。見えている断面形状がそのまま下に伸びたものだと不安定な感じがします。以前の発表時に設置水深は35m以上という情報もあり、水面下の浮体がかなり巨大であると思いますが、全体の形状は不明。

総重量は15,000トン以上

浮体式デュアル洋上風力プラットフォーム「OceanX」が発表されたのは、2022年9月。その時に公表された重量を意味する排水トン数は、15,155トン。平面的なプラットフォーム1辺の長さは105m、全体高さは200m以上。

他にも当時公表された情報として、大きな浮体式プラットフォームを制御するため「OceanX」には3,000以上のセンサーを搭載。風車自体が周囲360度の状況を認識して、自らの動作条件を自動調整できるようにするデジタルツイン技術を採用。衛星通信システムによりリアルタイムのデータ転送と姿勢バラスト制御をおこなう。

デジタルツインとは?

デジタルツインとは、物理空間(現実世界)のものを、仮想空間に複製したものをいう。簡単に言うと、「実在するものからデータをとり、デジタル上の双子(twins)をつくる」という意味。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました