イタリアで全長115mのフェリーが桟橋設備に衝突

イタリアで全長115mのフェリーが桟橋設備に衝突 事件・事故
スポンサーリンク

イタリアで全長115mのフェリーが桟橋設備に衝突

2024年5月11日、イタリア トスカーナ州のピオンビーノでフェリー「MOBY KISS」がフェリー乗り場の乗客昇降用階段に衝突する事故が発生。

事故の瞬間をとらえた映像では、フェリー「MOBY KISS」の船首部分が乗客昇降用階段に接触した後、船体が横に流されたことによって階段を破壊していく様子が確認できます。

報道されている情報では、事故による負傷者は報告されておらず、フェリー「MOBY KISS」側の船体損傷も軽微であったため、事故を起こした当日の残スケジュールはキャンセルされましたが、翌日の朝から運航を再開したという。事故の原因はエンジントラブルによる可能性が高いとみられていますが、公式な発表は出ていない。

フェリー「MOBY KISS」は、トスカーナ州のピオンビーノとエルバ島のポルトフェライオを結ぶ約26km(約14海里)の航路をピストン運航している。

フェリー「MOBY KISS」の概要

船名MOBY KISS
総トン数11,907トン
長さ115.35m
20.6m
旅客定員1,453人
船籍イタリア
建造年1975年
フェリー「MOBY KISS」
出典:Moby S.p.A.

【動画】衝突時の映像

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました