米ボルティモアの橋崩落事故、爆破による橋桁の精密切断実施

米ボルティモアの橋崩落事故、爆破による橋桁の精密切断実施 事件・事故
スポンサーリンク

米ボルティモアの橋崩落事故、爆破による橋桁の精密切断実施

アメリカのメリーランド州ボルティモアで起きたフランシス・スコット・キー橋崩落事故で、コンテナ船「DALI」の船首左舷側に載った状態になっていたセクション4と呼ばれる橋桁の爆破による精密切断がおこなわれました。

最初、2024年5月12日午後に予定されていましたが天候の影響で順延されたあと、5月13日にセクション4の爆破による精密切断が実施されました。複数個所に配置された少量の爆薬が一斉に爆発し、コンテナ船「DALI」の船首にあった橋桁は瞬く間に解体され海面に落下。報じられている映像や画像を見る限り、橋桁の解体作業は成功したようです。

コンテナ船「DALI」の再浮上・離脱、そして、崩壊した残骸撤去とまだまだ困難な工程が残っていますが、航路再開へ向けて大きく前進しました。

セクション4の爆破による精密切断

スポンサーリンク

【関連】フランシス・スコット・キー橋崩落事故

米メリーランド州でコンテナ船が橋脚に衝突、橋全体が崩落
2024年3月26日午前1時30分頃(現地時間)、全長約300mのコンテナ船「DALI」がアメリカのメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋(Francis Scott Key Bridge)の橋脚に衝突する事故が発生
米ボルティモアの橋崩落事故で航海データ回収、タイムライン公開
2024年3月26日午前1時30分頃にコンテナ船「DALI」がアメリカのメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋の橋脚に衝突した事故について、NTSBは、コンテナ船からVDR(航海データ記録装置)のデータを回収しました
米ボルティモアの橋崩落事故、橋の撤去作業に向けてクレーン船到着
アメリカのメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋の橋脚にコンテナ船「DALI」が衝突した事故で、崩壊した橋桁などの撤去作業に向けて複数のクレーン船が現場に到着。
崩落した橋の重量でコンテナ船「DALI」は座礁している状態
アメリカのメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋の橋脚にコンテナ船「DALI」が衝突した事故。崩壊した橋の残骸を撤去するためクレーン船が現場に到着し、封鎖されている航路を一刻も早く再開すべく作業がおこなわれています。
米ボルティモア橋崩落で暫定スケジュール発表、航路全面再開は5月末
2024年4月4日、USACE(アメリカ陸軍工兵隊)はメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋の崩落事故により閉鎖されている航路について、暫定スケジュールを発表しました。
米橋崩落事故で156トンの橋桁撤去、船上のコンテナ撤去開始
メリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋の崩落事故で、現地では橋桁などを撤去するサルベージ作業が継続しておこなわれています。
米ボルティモア橋崩落の残骸撤去に油圧式巨大グラブ投入
2024年4月22日、USACEはメリーランド州ボルティモアに架かるフランシス・スコット・キー橋で起きた崩落事故の残骸撤去に向けて、油圧式の巨大グラブが事故現場近くのSparrows Pointに到着したことを明らかにしました。
米橋崩落事故、コンテナ船浮上に向けて橋桁を爆薬で精密切断する計画
2024年5月8日、メリーランド州ボルティモアで起きた橋崩落事故の対応をおこなうUSCGやUSACEなどで構成する統合司令部はコンテナ船「DALI」の船首左舷側にのしかかる橋桁の撤去について爆薬により精密切断する計画であることを明らかにした
米ボルティモアの橋崩落事故、爆破による橋桁の精密切断実施
アメリカのメリーランド州ボルティモアで起きたフランシス・スコット・キー橋崩落事故で、コンテナ船「DALI」の船首左舷側に載った状態になっていたセクション4と呼ばれる橋桁の爆破による精密切断がおこなわれました。
米の橋崩落事故でコンテナ船「DALI」の再浮上予定発表
2024年5月18日、メリーランド州ボルティモアで起きたフランシス・スコット・キー橋崩落事故の対応をおこなう統合司令部は、コンテナ船「DALI」の再浮上とターミナルへの移動を5月20日の朝に実施すると発表。
米の橋崩落事故でコンテナ船の移動完了、航路再開に向け大きく前進
2024年5月20日、ボルティモアで起きたフランシス・スコット・キー橋崩落事故で、船首に落下した橋桁などの重量により座礁したままとなっていたコンテナ船「DALI」の再浮上作業がおこなわれ、シーガート・マリーン・ターミナルへ移動しました。
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む