中国の寧波沖で衝突によりコンテナ船水没、コンテナ40個以上流出

中国の寧波沖で衝突によりコンテナ船水没、コンテナ40個以上流出 事件・事故
スポンサーリンク

中国の寧波沖で衝突によりコンテナ船水没、コンテナ40個以上流出

2023年7月17日午前10時16分頃、中国の浙江省寧波市沖で船舶同士の衝突事故が発生。衝突したのはコンテナ船「新遠隆6」(XIN YUAN LONG 6)とケミカルタンカー「港龍発展」(GANG LONG FA ZHAN)。コンテナ船の方は衝突による損傷で浸水し、船体が水没。積荷のコンテナのうち、少なくとも40個が海に流出しているという。コンテナ船の乗組員は全員、巡視船により移送されており無事。

事故後、寧波海事局は海上航行警報を発令し、14隻の船舶を出動させて付近の航行船舶監視を強化。水没しているコンテナ船を回避するよう注意喚起をおこない、現場海域で一時的な交通規制を実施。

AIS情報を見ると、多くの船舶が往来する海域のようですが、2次災害は起きていないようです。とはいえ、さらなる積荷の流出や船内にある燃料油流出による海洋汚染が懸念されます。

スポンサーリンク

衝突した2隻の概要

衝突したコンテナ船「新遠隆6」とケミカルタンカー「港龍発展」について。中国船級社(CCS,China Classification Society)に登録されている情報。

コンテナ船「新遠隆6」

コンテナ船「新遠隆6」(XIN YUAN LONG 6)
船名新远隆6
(XIN YUAN LONG 6)
船種コンテナ船
コンテナ積載能力922TEU
長さ133.68m
22.6m
深さ10.8m
建造年2021年12月

ケミカルタンカー「港龍発展」

船名港龙发展
(GANG LONG FA ZHAN)
船種ケミカル/オイルタンカー
総トン数18,681トン
載貨重量トン27,955トン
長さ179.95m
26.8m
深さ14.1m
建造年2017年6月
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました