スウェーデンでフェリーが座礁し油流出、乗客は全員避難

スウェーデンでフェリーが座礁し油流出、乗客は全員避難 事件・事故
スポンサーリンク

スウェーデンでフェリー「MARCO POLO」が座礁し油流出

TT-Line のプレスリリース【2023年10月22日掲載】

TT-Line can confirm that this morning a grounding occurred on ferry Marco Polo on route from Port of Trelleborg in Sweden to Port of Karlshamn in Sweden.

(TT-Line は今朝、スウェーデンのトレレボリ港からスウェーデンのカールスハムン港に向かうフェリー、マルコポーロで座礁が発生したことを確認しました。)

https://www.ttline.com/en/ttline/press/

2023年10月22日、スウェーデン南部のバルト海で全長150mのフェリー「MARCO POLO」が座礁する事故が発生。

フェリーを運航するTT-Lineのプレスリリースによると、「MARCO POLO」はトレレボリ港を出港し、カールスハムン港へ向かって航行中に座礁。フェリーに乗船していた乗客は全員下船して避難し、フェリーのホテル部門で従事する乗組員8人も下船。フェリーには乗組員21人が残り、さらなる措置を講じる前にフェリーの損傷を確認しているという。プレスリリースでは、フェリー船体に関する損傷の程度や周辺海域への環境被害については言及されていないませんでした。

しかし、プレスリリース以外の報道情報によると、座礁したフェリー「MARCO POLO」は船体を損傷し、油の流出が確認されたと報じている。

スポンサーリンク

普段の経路を逸脱して航行

AIS情報によると、座礁したフェリー「MARCO POLO」は確認できる以前の航跡と比較して水深の浅い西側を航行していたようです。そして、座礁前の航行中に速力が17ノットから11ノットへ落ちており、その位置で船底が海底に接触して何らかの船体ダメージがあった可能性がある。その後、再び速力を回復したようですが、座礁位置で停止。

今後、原因の調査が進められると思いますが、現在もフェリー「MARCO POLO」は座礁位置にとどまったままになっており、油の流出も確認されているということなので、周辺環境への被害を最小限に抑える措置を取った上で速やかに離礁させることが重要になりそう。ただ、全速力で座礁位置に突っ込んでいるため、船体が深刻な損傷を受けている可能性もあり、入念な損傷状態の調査がおこなわれていると思われる。

スポンサーリンク

【AIS情報】座礁したフェリー「MARCO POLO」

座礁したままのフェリー「MARCO POLO」と周辺には複数の巡視船(2023年10月23日19時 時点)

 フェリー「MARCO POLO」の概要

船名MARCO POLO
総トン数16,130トン
長さ150.43m
23.4m
旅客定員215人
速力18ノット
建造年1993年
スウェーデンでフェリーが座礁し油流出、乗客は全員避難
フェリー「MARCO POLO」
出典:TT-Line
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました