☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

オランダのロッテルダム港で「スマート ボラード」設置

オランダのロッテルダム港で「スマート ボラード」を設置 船舶

 オランダのロッテルダム港にある大型コンテナ船用のバースに6つの「スマート ボラード」を設置。船舶係留時のボラードにかかる負荷などをリアルタイムで測定し、今後の岸壁築造やメンテナンスに活用することで、港をより安全で効率的なものにするという。

スポンサーリンク

オランダのロッテルダム港で「スマート ボラード」設置

ヨーロッパ最大のロッテルダム港
ロッテルダム港湾局の掲載記事

Port of Rotterdam Authority tests smart berth at ECT

(ロッテルダム港当局がECTでスマートバースをテスト)

https://www.portofrotterdam.com/en/news-and-press-releases/port-of-rotterdam-authority-tests-smart-berth-at-ect?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=hbrkanalen

 ロッテルダム港の岸壁建設やメンテナンスを行うロッテルダム港湾局(Port of Rotterdam Authority)は、マースフラクテ(Maasvlakte)にある大型コンテナ船用のバースに6つの「スマート ボラード」を設置。

「スマート ボラード」とは?

ロッテルダム港に設置された「スマート ボラード」
出典:Straatman

 オランダで係留システムなどの設計・製造を行うStraatmanと共同で開発した「スマート ボラード」の外観は一般的なものと似ており、外見だけでは違いはわからない。機能としては、船舶がボラードを使用した時にかかる負荷などをリアルタイムでモニタリングすることが可能で、ボラード負荷の他に係留ラインの方向や角度を測定。潮位や気象データ、AISデータなどの情報と共にログに記録され、データを利用することが出来るそうです。

 画像を見るとボラード右側に細いケーブルが見えるので各種測定用機器は有線ケーブルを使用しているのかも。共同開発したStraatmanの掲載ページでは「スマート ボラード」をワイヤレスで操作することも可能としていますが、その場合データの収集と送信を行うスイッチボックスの設置が必要とのこと。

設置された「スマート ボラード」
出典:Straatman

 これまでに係留する船舶のボラードにかかる荷重を測定したデータは少なく、設置するボラード容量を決めるには接岸する船舶の大きさによって最大係留荷重を想定する必要がありました。

 係船時、荷役中、停泊時、荒天時などあらゆる場面でボラードに作用する荷重をリアルタイムで尚且つ長期的に監視することにより蓄積されたデータは、運用プロセスの継続的な改善にも役立つとしている。

 船舶の大きさや使用しているウインチから係留ラインにかかる荷重は想定できると思いますが、実際にどのような場面でどれだけの荷重がかかっているのか気になります。面白い試み。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました