☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Vestasの15MWタービンが韓国の浮体式洋上風力に選ばれる

Vestasの15MWタービンが韓国の浮体式洋上風力に選ばれる 洋上風力発電

 Vestasは、韓国の浮体式洋上風力発電プロジェクトで優先サプライヤーに選ばれ、契約を締結したことを発表。現時点でプロジェクト名や事業者についての情報は公表されていない。

スポンサーリンク

Vestasの15MWタービンが韓国の浮体式洋上風力に選ばれる

「V236-15.0MW」で使用する長さ115.5mのブレード
出典:Vestas
Vestasの掲載記事

Vestas selected as preferred supplier for 495 MW floating offshore wind project in South Korea

(Vestas が韓国の 495 MW 浮体式洋上風力発電プロジェクトの優先サプライヤーに選ばれる)

https://www.vestas.com/en/media/company-news/2023/vestas-selected-as-preferred-supplier-for-495-mw-floati-c3744994

 2023年3月31日、Vestasは韓国の495MW 浮体式洋上風力発電プロジェクトで優先サプライヤー契約を締結したことを発表。プロジェクトが実現した場合、単機出力15MW「V236-15.0MW」33基の供給と設置が行われる。Vestasが掲載している記事の中では、韓国のプロジェクト名や事業者についての情報は公表されていない。

 Vestasの風力タービン「V236-15.0MW」モデルは、現在デンマークのウスタイル(Østerild)試験場でプロトタイプによる試運転が行われており、2022年12月末に最初の発電に成功している。

 2023年1月にVestasは、韓国で風力発電事業に関するサプライチェーンを構築する計画を発表。この計画は、スイスのダボスで開催されたWorld Economic Forumの年次総会においてVestasのHenrik Andersen CEO、韓国の尹 錫悦(ユン・ソギョル)大統領との調印式で正式に発表された。計画には数億米ドル、日本円で数百億円という巨額投資の可能性を秘めており、数千の直接または間接的な雇用創出に貢献するという。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました