☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国で洋上船舶から商用ロケット「Gravity-1」打ち上げ成功

中国で洋上船舶から商用ロケット「Gravity-1」打ち上げ成功 船舶
スポンサーリンク

中国で洋上船舶から商用ロケット「Gravity-1」打ち上げ成功

2024年1月11日、中国のOrienspace(東方空間)は山東省海陽市沖合に配置した重量物運搬船の甲板上から商用ロケット「Gravity-1」(引力-1号)を打ち上げました。「Gravity-1」に搭載されていた気象衛星Yunyao-1(云遥一号)18号~20号の3機は、およそ高度500kmの地球周回軌道(LEO,Low Earth Orbit)へ投入され、打ち上げは成功したという。

洋上でのロケット打ち上げに使用されたのは全長163mの重量物運搬船「东方航天港」(DONGFANGHANGTIANGANG)。画像で見る限りチェーンアンカーを打っているようなのでDP制御ではなく、アンカーで係留している状態から打ち上げがおこなわれたものとみられる。

船名东方航天港
長さ163m
40m
船籍中国
重量物運搬船「东方航天港」
出典:Wikipedia | 中国新聞社,CC BY 3.0,リンクによる
スポンサーリンク

ペイロードの大きな「Gravity-2」「Gravity-3」開発中

Orienspaceでは今回洋上からの打ち上げがおこなわれた「Gravity-1」の他に「Gravity-2」「Gravity-3」を開発しているようです。

ロケット名称高さ直径重量離陸推力ペイロード
LEO
ペイロード
500km SSO
ペイロード
GTO
ペイロード
LTO
Gravity-129.4m3.8m/4.2m405トン600トン6.5トン4.2トン
Gravity-260m4.2m/5m927トン1,420トン25.6トン19.1トン7.7トン
Gravity-360m4.2m/5m1,250トン1,450トン30.6トン20.5トン9.6トン8トン
  • LEO:地球周回軌道(Low Earth Orbit)
  • SSO:太陽同期軌道(Sun-synchronous orbit)
  • GTO:静止トランスファー軌道(Geostationary Transfer Orbit)
  • LTO:月遷移軌道(Lunar Transfer Orbit)
画像左から「Gravity-1」「Gravity-2」「Gravity-3」
出典:东方空间
スポンサーリンク

【動画】「Gravity-1」打ち上げの瞬間

まるで爆発でもしたかのような煙をあげて発射されるロケット。打ち上げ後の運搬船デッキがどんな状態になっているのか気になるところ。

スポンサーリンク

ロケット洋上発射に関する記事

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました