1,000トン吊りSEP船「慧海壹号」アップグレード、ジブ搭載

1,000トン吊りSEP船「慧海壹号」アップグレード、ジブ搭載 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

1,000トン吊りSEP船「慧海壹号」アップグレード、ジブ搭載

1,000トン吊りSEP船「慧海壹号」アップグレード、ジブ搭載
アップグレード後のSEP船「慧海壹号」
出典:龙船风电网
アップグレード前のSEP船「慧海壹号」
出典:SHANDONG MARINE GROUP

中国の1,000トン吊りSEP船「慧海壹号」(HUI HAI YI HAO)で実施されているアップグレードで、揚程を増加させるための新しいジブ設置が完了。SEP船「慧海壹号」は出渠し、引き続きレグ延長などのアップグレードがおこなわれる予定。クレーン能力は1,000トン吊りのままで変化なし。

SEP船「慧海壹号」のアップグレード内容
  • クレーン揚程 甲板上120m → 140mへ(20m増加)
  • レグ長さ 73.57m → 93.87m(20.3m増加)

新しいジブを設置した画像では、新規ジブレスト設置に伴ってヘリパッドが撤去されているのが確認できます。今後、ヘリパッドを設置するのかどうかは不明。そして、引き続きおこなわれる予定のレグ延長作業に向けてレグ上端には足場が設置されています。

アップグレード前のレグ長さは、73.57m。有効ストロークと呼ばれるレグが船底から出る長さは、最大51.8mでした。アップグレードにより20.3mのレグが延長される予定なので、有効ストロークは72.1mへ増加。レグが海底に埋まり込む長さと喫水を考慮すると、最大作業水深は65m程度になると思われる。

洋上風力タービンが大型化するにつれて着床式の場合、基礎部分は大口径・長大化して重量が増大、風力タービンはブレードが長くなることで設置する高さがさらに高くなる傾向。基礎とタービン設置を1隻の作業船で施工することが非効率的になってくると、今回のように揚程を増強させるSEP船のアップグレードが有効になるようです。実際、中国のSEP船だけではなくヨーロッパ勢のSEP船も揚程を増やすためのアップグレードを実施する件数が増えてきている。

スポンサーリンク

2021年に Jan De Nul から山東海洋能源へ

SEP起重機船「慧海壹号」は、もともとベルギーの Jan De Nul が所有していた1,000トン吊りSEP起重機船「TAILLEVENT」。2021年に中国の山東海洋能源に売却され、船名を「慧海壹号」に変更。

船名慧海壹号
クレーン能力1,000トン
長さ138.55m
40.8m
深さ10m
レグ長さ93.87m、6本
(元は73.57m)
DPSDP Class 2
宿泊設備112人
建造年2011年
「慧海壹号」の概要
SEP起重機船「TAILLEVENT」
出典:Jan De Nul
スポンサーリンク

SEP船アップグレードに関する記事

「Svanen」重量1,200トンの拡張ガントリー設置
2024年5月2日、Van Oordは大規模アップグレードを実施している「Svanen」の拡張ガントリーが設置されたと発表しました。設置した拡張ガントリーの部材重量は1,200トン、高さ25m。
SEP船「Wind Orca」アップグレード完了、4月に稼働予定
CadelerはオランダのスヒーダムでおこなっていたSEP起重機船「Wind Orca」のアップグレード作業が完了したことをLinkedInへの投稿で発表しました。
「Svanen」アップグレードに向けて拡張するガントリー部分製造
Van Oordの特殊杭打ち船「Svanen」アップグレードに向けた作業が着々と進められています。2024年3月19日、Holland Shipyards Groupは「Svanen」の拡張するガントリー部分輸送・組立作業を投稿しました。
SEP船「Wind Orca」1,600トン吊りクレーン搭載
オランダのスヒーダムでおこなわれているSEP船「Wind Orca」のクレーンアップグレードで、いよいよ新しい1,600トン吊りのクレーンを搭載する作業が開始されました。
SEP船「Brave Tern」に搭載予定のクレーン完成
アップグレード予定のSEP起重機船「Brave Tern」に搭載するブーム長さ140mのHuisman製1,600トン吊りクレーンが完成。製造場所のオランダにあるスヒーダムのHuisman生産拠点からスペインのフェロルへ輸送されるという。
Van Oordの特殊杭打ち船「Svanen」アップグレード発表
2023年12月11日、Van Oordは特殊杭打船「Svanen」の大規模なアップグレードを発表しました。アップグレードの開始時期については不明ですが、2024年第3四半期にはアップグレードされた「Svanen」の運用開始が予定されている
Huismanが「Aegir」のクレーンをアップグレード
2023年11月24日、Huisman は Heerema Marine Contractors の5,000トン吊りクレーン船「Aegir」に搭載されているクレーンのアップグレード契約を獲得したと発表。
SEP船「Wind Osprey」に搭載の新造クレーンが韓国出発
GustoMSCは、LinkedInへの投稿でSEP起重機船「Wind Osprey」に搭載する新造クレーンが完成して製造場所の韓国を出発し、オランダへ向かっていることを明らかにしました。
SEP船「Wind Orca」既設1,200トンクレーン撤去
オランダのスヒーダムでおこなわれているSEP船「Wind Orca」クレーンアップグレードに伴う既設1,200トンクレーンを撤去する様子が公開されました。
「Wind Osprey」スヒーダム到着、2隻同時アップグレードへ
2023年10月31日、CadelerのSEP船「Wind Osprey」がアップグレード作業をおこなうオランダのスヒーダムへ到着。
SEP船「Wind Orca」のアップグレード作業開始
CadelerのSEP船「Wind Orca」クレーンアップグレード作業が開始され、既設クレーンの旋回体(重量:850トン)を撤去する様子がGustoMSCによって公開されました。
ロッテルダムに巨大な3,200トン吊りリングクレーン組立完了
Mammoet は、オランダのスヒーダム(Schiedam)にある自社ヤードで最大吊り上げ能力3,200トンという巨大なリングクレーン「PTC210-DS」の組み立てが完了したことを明らかにしました。
フローティングドック改造、600トン吊りクレーン船「鉄建潜01」
2023年9月26日、600トン吊りのクレーンを搭載したクレーン船「鉄建潜01」の改造が完了したそうです。ただ、今回行われた改造はクレーンではなく、ウィンドラス。油圧式から電動式に変更され、巻き上げ能力を300kNから600kNへ増強。
HuismanがDEMEのSEP船アップグレード時の様子を公開
現在、アメリカの「Vineyard Wind 1」で出力13MWの風力タービン「Haliade-X」設置作業をおこなっているSEP起重機船「Sea Installer」について、アップグレードに伴うクレーン搭載作業をHuismanが公開。
1,000トン吊りSEP船「慧海壹号」アップグレード完了
2023年8月1日、中国の山東省 威海市にある招商局金陵船舶(威海)有限公司で実施されていたSEP起重機船「慧海壹号」(HUI HAI YI HAO)のアップグレードが完了。
1,200トン吊りSEP船「海龙兴业号」アップグレード完了
2023年7月31日、中船黄埔文沖船舶有限公司で実施されていた1,200トン吊りSEP起重機船「海龙兴业号」のアップグレードが完了。SEP船「海龙兴业号」は、2019年に今回アップグレードをおこなった中船黄埔文沖船舶で建造されている。
高さ118m、そびえ立つ塔の上にクレーン搭載した船の正体は?
異様な船体をもつクレーンを搭載した作業船。その船体形状は長さ97.5m、幅92m、高さ118m。海面上から遥か高い位置のプラットフォーム上には600トン吊りのメインクレーンと300トン吊りの補助クレーンの2基を搭載。
揚程を大幅に増強したSEP船で8.5MW風力タービン設置
中国の山東省にある山東半島南側で建設が進められている「SPIC山東半島南U2洋上風力発電プロジェクト」で、SEP起重機船「錦華02」(JIN HUA 02)により1基目の出力8.5MW風力タービン設置がおこなわれました。
SEP船「慧海壹号」レグ延長作業、アップグレード間もなく完了
2023年7月19日、中国の山東省 威海市にある招商局金陵船舶(威海)有限公司で実施されているSEP起重機船「慧海壹号」のアップグレード。先日おこなわれた新設ジブの搭載に続いて、レグの延長作業がおこなわれています。
中国で洋上支援船を風力向けの多機能運用保守船へ転換
2023年7月12日、中交海峰風電発展股份有限公司と福建省马尾造船股份有限公司は、「海峰3001」を洋上風力向けの多機能運用保守船にアップグレードする契約を締結。
1,000トン吊りSEP船「慧海壹号」アップグレード、ジブ搭載
1,000トン吊りSEP船「慧海壹号」アップグレード、ジブ搭載 アップグレード後のSEP船「慧海壹号」出典:龙船风电网 アップグレード前のSEP船「慧海壹号」出典:SHANDONG MARINE GROUP 中国の1,000トン吊りSEP船...
広州サルベージ局のSEP船「华祥龙」クレーンとレグの改造完了
2023年5月27日、広州サルベージ局の1,200トン吊りSEP起重機船「华祥龙」が行っていたアップグレードが完了。主なアップグレード内容はレグとクレーンブームの延長となっており、ブーム延長に伴ってジブレストの変更なども行われたようです。
600トンSEP船「海龙瑞彩」アップグレード完了
2023年4月23日、吊り上げ能力600トンのクレーンを搭載したSEP起重機船「海龙瑞彩」(HAI LONG RUI CAI)のアップグレードが完了。主なアップグレード内容はブームおよびレグの延長、ジブレスト撤去・新規設置、船体の補強。
中国で1,300トン吊りSEP船のアップグレード完了
中国で2019年に建造された1,300トン吊りSEP起重機船「铁建风电01」のアップグレードが完了。主な内容は、メインクレーンのブームを延長し長いブームに載せ替えるというもので、吊り上げ能力は1,300トンで変わらず。
Van OordのSEP船「Aeolus」アップグレード完了
1,600トン吊りのSEP起重機船「Aeolus」が行っていたクレーンのアップグレードが完了。搭載されたHuisman製のクレーンは吊り上げ能力を維持したまま長さ133mに延長され、12MW~15MWの洋上風車設置が可能になりました。
SEP船「Brave Tern」のアップグレードはスペインの造船所
Fred. Olsen WindcarrierのSEP起重機船「Brave Tern」で予定されているクレーン能力を800トンから1,600トンに増強するアップグレードをスペインのNavantia造船所で行うことが明らかにされました。
中国の600トン吊りSEP船「华电稳强」アップグレード
中国の600トン吊りSEP船「华电稳强」のアップグレード。内容はクレーンの吊り上げ能力を増強させるものではなく、クレーンの台座を高くするというもの。過去にも同様のアップグレード事例があり、目的は揚程を確保するためだと思われる。
SEP船「Aeolus」アップグレード ジブレスト設置
 オランダのロッテルダムで行われているSEP起重機船「Aeolus」の133mブームにアップグレードする作業で新しいジブレストが設置されました。
CadelerのSEP船2隻の改造をSemco Maritimeが契約
CadelerのO-class SEP起重機船2隻をアップグレードする改造に関してSemco Maritimeが契約を行ったことを発表。交換するクレーンを含む部材の製作は2023年初頭に開始され、2023年後半から設置作業が行われる予定。
SEP船「Aeolus」アップグレード 133mのブーム設置
オランダで行われているSEP起重機船「Aeolus」の大規模アップグレードで長さ133mのクレーンブームが設置されました。設置を行うのは、先日HEBOがBoskalisから買い取った2,200トン吊り起重機船「Taklift 4」。
中国で800トン吊りSEP起重機船「精铟01」レグ延長完了
2022年9月21日、800トン吊りSEP起重機船「精铟01」(JING YIN 01)のレグ延長が完了。建造時は80mだったレグ長さは、今回の工事で93.5mとなり、8MW級の洋上風車建設が可能になった。
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。