Pioneering Spirit

着床式

フランス初の商用洋上風力発電所に80基の6MW風車設置完了

フランスのビスケー湾で建設中のサン・ナゼール(Saint-Nazaire)洋上風力発電所で80基全ての6MW風車設置が完了。完成すると商用規模の洋上風力発電所としてはフランス初となる。完成予定は2022年末。
洋上風力発電

Allseas初となる洋上風力向けのプラットフォーム設置完了

2022年9月4日、Allseasが所有する「Pioneering Spirit」によるDolWin kappa offshore platformの設置が完了したようです。ジャケット、ジャケット固定杭、トップサイドという一連の設置作業を「Pioneering Spirit」が行いました。
洋上風力発電

DolWin kappa offshore platformの設置開始

ドイツ沖合の北海でDolWin kappa offshore platformの設置が開始されたようです。設置を行うのはAllseasが所有する「Pioneering Spirit」。ジャケット設置、杭打設、トップサイド設置の作業を行う予定
洋上風力発電

ドイツ沖合に設置予定の洋上変電設備がロッテルダムへ向け出港

スペイン カディス(Cádiz)で組み立てられた洋上変電設備のジャケットとトップサイドがオランダのロッテルダムへ向け出港。設置を行うのはAllseasが所有する巨大作業船「Pioneering Spirit」の予定。
石油プラットフォーム

「Pioneering Spirit」11,000トンのGyda油田ジャケット撤去完了

「Pioneering Spirit」がJLS(ジャケットリフトシステム)設置の構想元になっていたノルウェー南部の北海にあるGyda油田ジャケットの撤去を無事に完了したようです。
石油プラットフォーム

「Pioneering Spirit」Valhall油田のジャケットとトップサイドを連続して撤去

「Pioneering Spirit」がジャケットとトップサイドを連続で撤去。ただし、同一のプラットフォームではなく、別のプラットフォームのジャケットとトップサイド。1つの作業の中でジャケットとトップサイドを撤去するのは初めて。
起重機船-世界

「Pioneering Spirit」18,400トンのGyda油田トップサイド撤去完了

「Pioneering Spirit」は、ノルウェー南部の北海にあるGyda油田トップサイドの撤去を行った。撤去したトップサイドの重量は18,400トン。
起重機船、クレーン船

「Pioneering Spirit」新システムによるジャケット撤去

船体の大きさ、総トン数で世界最大の作業船「Pioneering Spirit」で新しく搭載されたJLS(Jacket Lift System)が完成し、ジャケット撤去の初仕事を完了したようです。
起重機船-世界

世界最大の作業船によるジャケット撤去システム

Pioneering Spirit’s jacket lift system 世界最大の作業船「Pioneering Spirit’s」に新たなジャケットリフトシステムが設置されるようです。動作イメージの動画を見ると一目瞭然...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました