☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

DolWin kappa offshore platformの設置開始

DolWin kappa offshore platformの設置開始 洋上風力発電

 ドイツ沖合の北海でDolWin kappa offshore platformの設置が開始されたようです。設置を行うのはAllseasが所有する「Pioneering Spirit」。ジャケット設置、杭打設、トップサイド設置という一連の作業を行う予定。JLSを使用してのジャケット設置は初めて。

スポンサーリンク

「Pioneering Spirit」による設置開始

 つい先日、設置するジャケット、杭、トップサイドを積んだAllseasが所有する運搬台船「Iron Lady」がスペイン カディス(Cádiz)からロッテルダムへ向かっていましたが、到着後、間髪入れず積み替え・設置という流れのようです。

プラットフォームの諸元

トップサイド 高さ31.6m、長さ77.5m、幅36.5m、重量11,297トン

ジャケット 高さ43.7m、長さ54.3m、幅32.3m、重量5,250トン

本数10本、長さ80m(最大)、打設深度55m~68m、重量380トン/本

 設置を行う作業船は予定通り「Pioneering Spirit」。

 トップサイドの設置はTLS(トップサイドリフトシステム)を使用。ジャケットは重量的に搭載クレーンでは無理なのでJLS(ジャケットリフトシステム)を使用。

JLSを使用の設置は初

 JLSを使用してのジャケット撤去はこれまでに何回か実績がありますが、新規設置というのは今回が初めて。

「Pioneering Spirit」の主要設備

 そして、少し気になっていたのが杭の打設を「Pioneering Spirit」が行うのかという点。

 今回のジャケット設置画像を見るとジャケット設置後に打設する杭も「Pioneering Spirit」に積まれてました。

ジャケット設置

JLSを使用してジャケット設置
出典:TenneT

 JLSと5,000トン吊りクレーンの間に積まれた杭が確認できます。

 拡大して確認すると油圧ハンマーも積み込まれているので「Pioneering Spirit」で打設すると思われる。

杭打設、トップサイド設置

「Pioneering Spirit」のTLSに搭載されたトップサイド

 現状の記事で設置が確認できるのはジャケットのみ。

 杭打設とトップサイド設置の記事はまだありませんでした。

設置している横の設備は何だろう?

 先程のジャケット設置を行う画像に写っている半潜水式リグみたいなもの。

 調べると、「DolWin beta」と呼ばれる洋上変電設備。

 今回設置される「DolWin kappa offshore platform」は既存インフラを効率的に使用するため「DolWin beta」と接続されるようです。

 2012年6月から中東のドバイで建造が始まり、半潜水式運搬船「MIGHTY SERVANT 1」に載せられて、ノルウェーへ運搬。最終的な建造が行われた後、2015年に設置。

2015年 「DolWin beta」設置作業の様子
出典:ABB
DolWin betaの概要
  • 形状:長さ 100m、幅 70m、高さ 100m
  • 重量:23,000トン
  • 設置海域の水深:29m
「DolWin beta」は着底している!

 ちょっと驚きましたが、「DolWin beta」は着底しているみたい。見た目の形状から勝手に浮いてるもんだと思ってました。

DolWin beta utilizes an innovative self-installing gravity-based structure (GBS) concept, whereby the platform is slowly ballasted down to the seabed by filling the six columns with water, which will in the coming weeks be completely replaced by gravel to permanently secure the platform.

(DolWin betaは、革新的な自動設置式重力ベース構造 (GBS) のコンセプトを利用しています。これにより、プラットフォームは 6 本の柱に水を満たしてゆっくりと海底に沈下します。今後数週間で水は完全に砂利に置き換えられ、プラットフォームが恒久的に固定されます。)

ABB installs world’s most powerful offshore converter platform in the North Sea
どっちが効率的?

 ジャケットにトップサイドを載せる方法と半潜水式リグのような形状のものを沈めて着底させる方法。どっちが効率的なんでしょう?

 鋼材使用量を考えるとジャケット方式の方が低コストで製作出来そうですが、設置時に大型クレーン船が必要。半潜水式リグ方式だと製作コスト増ですが、設置はボートのみで可能。一長一短ありそうな気がします。お好きな方でどうぞ。

 最後に、「DolWin beta」製作、運搬の動画。

「DolWin beta」製作・運搬船への搭載

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました