Allseas初となる洋上風力向けのプラットフォーム設置完了

Allseas初となる洋上風力向けのプラットフォーム設置完了洋上風力発電

 2022年9月4日、Allseasが所有する「Pioneering Spirit」によるDolWin kappa offshore platformの設置が完了したようです。ジャケット、ジャケット固定杭、トップサイドという一連の設置作業を「Pioneering Spirit」が行いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DolWin kappa offshore platform設置完了

 ドイツ沖合の北海に設置が完了したDolWin kappa offshore platformは、”DolWin6”と呼ばれる送電網の要となる設備。付近の洋上風力発電所で発電した電力を交流から直流に変換し、長さ約45キロメートルの海底ケーブルを介してドイツ本土に送電する。

DolWin6の送電網
出典:TenneT

設置作業は12日間で完了

設置が完了したDolWin kappaと「Pioneering Spirit」
出典:TenneT

 8月23日から始まった設置作業は、12日後の9月4日に完了。

 設置が始まったばかりの時の記事では、ジャケット設置が完了したところでしたが、あれから12日間でジャケット固定杭の打設、トップサイドの設置が完了。

設置が始まった時の記事
プラットフォームの諸元

トップサイド 高さ31.6m、長さ77.5m、幅36.5m、重量11,297トン

ジャケット 高さ43.7m、長さ54.3m、幅32.3m、重量5,250トン

本数10本、長さ80m(最大)、打設深度55m~68m、重量380トン/本

Allseasの掲載記事

DolWin kappa installation: Allseas strengthens position in offshore wind

(DolWin kappaの設置:Allseasは洋上風力での地位を強化)

DolWin kappa installation: Allseas strengthens position in offshore wind – Allseas

 Allseasの掲載記事によると、今回の設置作業で初となるものが2つあったという記載がありました。

Allseas初となった項目
  1. 洋上風力向けのプラットフォーム設置
  2. 5,000トン吊りクレーンによるジャケット固定杭の打設

 「Pioneering Spirit」のジャケットリフトシステム(JLS)を使用してジャケット設置するのも初めてだと思いますが、掲載記事にはAllseasとして洋上風力向けのプラットフォーム設置が初という表現でした。石油プラットフォーム関係の仕事をしてるとこしか見ないですもんね。

 2番目に5,000トン吊りクレーンによるジャケット固定杭の打設。これは珍しいなとは思っていましたが、初めてだそうです。

 DolWin kappa offshore platform設置を行う「Pioneering Spirit」による一連の作業を画像で確認。

一連の作業を画像で確認

ロッテルダムでの積込完了

 ジャケット、固定杭、トップサイド、渡橋などすべてを自船に積み込めることがスゴイ。固定杭は最大で長さ80mありますが、「Pioneering Spirit」の全長が370mあるので小さく見えます。日本最大の起重機船「海翔」の長さは120mなので「海翔」3隻分よりも長い。ちなみに、横にいるボート「Oceanic」は長さ129m。

ロッテルダムでの積込完了
出典:Allseas

ジャケット設置

 石油プラットフォームを含めてJLSによるジャケット設置は初めてだと思います。

 ジャケット重量は5,250トン。

 JLSの吊り上げ能力は1フック5,000トン、4フックで20,000トンなので余裕ですね。

JLSを使用してジャケット設置
出典:TenneT

ジャケット固定杭打設

 最大で長さ80m、重量380トンのジャケット固定杭10本を打設。

 海面上の白い泡は杭打設時の騒音対策で出しているバブルカーテンによるもの。どうやって出してるんでしょうね。画像左にいるサプライボートが関係してるのかな?よく分かりません。

ジャケット固定杭の打設
出典:Allseas

トップサイド設置

 重量約11,000トンのトップサイド設置。

トップサイド設置
出典:Allseas
トップサイド設置
出典:Allseas

渡橋設置

渡橋設置
出典:TenneT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました