「Pioneering Spirit」新システムによるジャケット撤去

起重機船、クレーン船
スポンサーリンク
スポンサーリンク

JLS(Jacket Lift System)によるジャケット撤去

ニニアン北部油田 石油プラットフォームのジャケット撤去 W=8,100トン
出典:Allseas

 船体の大きさ、総トン数で世界最大の作業船「Pioneering Spirit」で新しく搭載されたJLS(Jacket Lift System)が完成し、ジャケット撤去の初仕事を完了したようです。

 撤去されたのはイギリスのシェトランド諸島から北東へ約128kmの北海に位置する「ニニアン油田」。中央、南部、北部という3つのプラットフォームの内、今回撤去したのは ”Ninian North”と呼ばれる石油プラットフォームの基礎ジャケット部分。

 撤去したジャケットの重量は8,100トン高さは83mだそうです。JLSビームの長さが170mなので、横に倒した時にだいたいJLSビームの半分くらいになってます。

 ただ、ニニアン油田がある海域の水深は約140m。撤去したジャケットの高さ分を引くと約60m。結構な大きさでジャケットの下側が現地に残ってるように思いますが、そこも撤去するのかは不明。ですが、多分しないでしょうね。

2020年にトップサイドを撤去

 今回、新しいJLSで撤去されたのは基礎部分のジャケットですが、2020年にその上に設置されていた上部構造物のトップサイドも「Pioneering Spirit」で撤去されています。

ニニアン北部油田 石油プラットフォームのトップサイド撤去 W=14,200トン
出典:Allseas

Ninian North

 ニニアン油田の概要。

ニニアン油田 北部プラットフォーム
出典:Allseas

 イギリス、シェトランド諸島の北東約128kmの北海(水深 134 ~ 149m )に位置する油田。

 1974年に発見され、油は1978年に、ガスは1982年に生産開始。海上施設はプラットホーム3基。生産された原油は海底パイプライン(口径36インチ、長さ168km)でサランボ・ターミナルへ、ガスはパイプライン網経由でセントファーガスへ送られていた。

 ”Ninian North”では、1981年6月に89,587バレル/日のピーク産油量を記録。2017年に生産を終了。

関連動画

Pioneering Spirit’s Jacket lift system mini documentary – episode 3

Pioneering Spirit delivers Ninian Northern Jacket to Dales Voe, Lerwick Harbour

 陸揚げする場所へ入港するところで動画は終わっていますが、どうやっておろすのか不明。

巨大作業船「Pioneering Spirit」

クレーン
吊上能力
5,000トン吊×1
600トン吊×1
50トン吊×3
Topsides リフト容量48,000トン
Jacket リフト容量20,000トン
長さ477m
124m
深さ30m
建造年2013年
所有会社Allseas
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました