☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

フランス初の商用洋上風力発電所に80基の6MW風車設置完了

フランス初の商用洋上風力発電所に80基の6MW風車設置完了 洋上風力発電

 フランスのビスケー湾で建設中のサン・ナゼール(Saint-Nazaire)洋上風力発電所で80基全ての6MW風車設置が完了。完成すると商用規模の洋上風力発電所としてはフランス初となる。完成予定は2022年末。

スポンサーリンク

サン・ナゼール(Saint-Nazaire)洋上風力発電所

 2022年4月に開始された6MW風車の設置作業は9月5日に80基すべて完了した。設置を行った作業船はJan De Nulが所有する1,500トン吊りSEP起重機船「VOLE AU VENT」。

 サン・ナゼール港で地組したタワー部材を含む4基分の風車資材を積込して設置場所へ移動。天候にもよりますが、現地での設置作業には1基あたり24時間かかるそうです。

6MW風車4基分を積込して設置場所へ向かう「VOLE AU VENT」
出典:EDF Renouvelables

洋上風力発電所の概要

 サン・ナゼール(Saint-Nazaire)洋上風力発電所はフランス西部 ビスケー湾、ロワール・アトランティックの海岸から12〜20km、水深12~25mの場所に建設中。

 フランスではSaint-BrieucFécamp offshore wind farmなど洋上風力発電所の建設が行われていますが、最も早く完成するサン・ナゼール(Saint-Nazaire)洋上風力発電所が商用規模としては初となる。

 商用規模で初という特徴以外に、注目すべき点は設置海域の地質が岩盤であるという点。大口径のモノパイルで岩盤を掘削して設置したのは世界初だそうです。

サン・ナゼール(Saint-Nazaire)洋上風力発電所の概要
  • 設置位置:フランス西部 ビスケー湾、ロワール・アトランティックの海岸から12〜20km、水深12~25m
  • 発電容量:GE Haliade 160-6MW、6MW×80基=480MW
  • 風車基礎:着床式、モノパイル(直径7m、最大重量979トン)
  • 完成予定:2022年末
サン・ナゼール(Saint-Nazaire)洋上風力発電所

モノパイル設置

 岩盤にモノパイルを設置する技術は、結構すごいのではないかと思いました。日本でもハンマーによる打撃やサクションパイルで設置できない水深50m以下の海域がどの程度あるかは知りませんが、日本でもこういう状況は出てくるかもしれんせんね。

岩盤にモノパイルを設置
「INNOVATION」によるモノパイル設置
出典:DEME

 モノパイルの設置は、DEMEが所有する1,500トン吊りSEP起重機船「INNOVATION」を使用して行われた。

 硬い岩盤を掘削してモノパイルを設置するために、トンネルボーリングマシンの世界的企業「HERRENKNECHT」とDEMEとが共同して開発したOffshore Foundation Drill (OFD) と MODIGAを使用。

モノパイル設置の動画

変電所の設置

「Pioneering Spirit」による変電設備ジャケット設置(重量 1,250トン)
出典:Allseas
「Pioneering Spirit」による変電設備トップサイド設置(重量 2,100トン)
出典:Allseas

 洋上変電所の設置は、ジャケットとトップサイドともに「Pioneering Spirit」で行われました。ジャケットを2021年8月15日、トップサイドを8月18日に設置。

 ジャケット重量は1,250トン、トップサイド重量は2,100トン。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。