ドイツ沖合に設置予定の洋上変電設備がロッテルダムへ向け出港

ドイツ沖合に設置予定の洋上変電設備がロッテルダムへ向け出港洋上風力発電

 スペイン カディス(Cádiz)で組み立てられた洋上変電設備のジャケットとトップサイドがオランダのロッテルダムへ向け出港。

 設置を行うのはAllseasが所有する巨大作業船「Pioneering Spirit」の予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DolWin kappa offshore platform

 スペイン カディス(Cádiz)で組み立てられた洋上変電設備のジャケットとトップサイドがオランダのロッテルダムへ向け出港。ロッテルダムでは設置を行う「Pioneering Spirit」が待ち構えている。

運搬船の現在地

 運搬船を曳航しているAnchor handling tug「ALP WINGER」のAIS情報。

 ポルトガルの西側を6.7ノットで北上中。ロッテルダムへの到着予定は2022年8月16日になっています。

「ALP WINGER」のAIS情報
運搬船「Iron Lady」
スペイン カディス(Cádiz)を出港する運搬船「Iron Lady」と曳船「ALP WINGER」
出典:TenneT

 運搬船「Iron Lady」はAllseasが所有。全長200m、幅57m。

DolWin kappa offshore platformの概要

 DolWin kappa offshore platformはドイツとオランダの国境付近沖合に設置予定で、Gode Wind 3(242MW)、N-3.7(225MW)、N-3.8(433MW)の洋上風力発電所で発電した900MWの電力を高電圧交流から高電圧直流へ変換して陸上変電所へ送電する。送電ケーブルは海上45km、陸上45kmの合計90km。

TENNETに掲載されている各種データのソース

DolWin kappa | The offshore converter station for DolWin6

2022_TenneT_DolWin_kappa_Factsheets_E.pdf
プラットフォームの諸元

トップサイド 高さ31.6m、長さ77.5m、幅36.5m、重量11,297トン

ジャケット 高さ43.7m、長さ54.3m、幅32.3m、重量5,250トン

本数10本、長さ80m(最大)、打設深度55m~68m、重量380トン/本

「Pioneering Spirit」による設置

「Pioneering Spirit」11,000トンのGyda油田ジャケット撤去完了
巨大作業船「Pioneering Spirit」、(左)JLS (右)TLS (左奥)5,000トン吊りクレーン

 Allseasの掲載ページを確認するとプロジェクト欄に「DolWin6 transformer installation」があります。確かに使用作業船は「Pioneering Spirit」という記載あり。

DolWin6 transformer installation

DolWin6 transformer installation – Allseas

 そこに記載されている作業内容は、ジャケット及びトップサイドの設置、そして杭打設と杭とジャケット間のグラウト施工。トップサイドはTLSを使用。

 トップサイドをTLSで設置する以外の施工方法については書かれていませんでしたが、ジャケットはJLSを使用するのでしょう。ジャケット設置でJLS使用は初のような気がします。ジャケット設置後の杭打設を「Pioneering Spirit」で行うのかは不明。巨大な、5,000トン吊りクレーンを搭載しているので施工できるんでしょうけど資材をストックする甲板スペースが無いような。台船を横に抱いて施工できる海象状況なら出来そうですが。。。他のクレーン船で杭打設だけ行うのかも。もしくは杭の建て込みだけ別クレーン船とか。

「Pioneering Spirit」の現在地

 「Pioneering Spirit」のAIS情報を検索。

 ロッテルダムの定位置にいました。運搬台船到着後にそのまま設置を行う可能性ありますね。

「Pioneering Spirit」のAIS情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました